孤独でつまらない人生からの脱出方法のイメージ画像
あなたは孤独を感じた事はありますか?

私にはあります。

無職だった私は毎日のようにパチスロを打ちに行くような生活をしていました。

そういう生活をしていると、今の自分を周りに知られたく無いので、パチスロを打たない人との人間関係が無くなってしまいます。

生活できないので就職をした結果、職場では割り切った人間関係を目指し、プライベートで誰かと会う事なんてありません。

私にとって、パチスロ仲間以外は不要でした。

しかし、パチスロは規制により、どんどんつまらなくなり、私はパチスロから離れていきました。

ストレス解消法を失った私は、29歳で精神的に崩れ、体調を崩し、仕事を辞める事になりました。

そして、30歳になった時、無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中三十路が爆誕。

ちなみに、ラインの友達人数はパチスロ仲間5人。

そして、パチスロをやらなくなった私は、孤独になっていたのです。

死にたくなるレベルでした。

孤独でつまらない人生になった原因

プライドが高い

私は人生をつまらないと思い、真面目に仕事もせず、適当な生活をしていました。

学生時代の知り合いに、そんな自分を見られたく無いので孤独になります。

私はプライドが高かったのです。

そうすると、過去の友達と疎遠になるしかありませんでした。

プライドが高いと孤独になりやすいです。

コミュ力不足

私は、典型的なコミュ力不足でした。

相手を見下したり、相手より優位に立とうというコミュニケーションを取っていました。

ですが、人を見下す姿勢は、当然ながら人から見下される事になります。

そして、他人より優位に立とうとすると勝ち負けの思考になります。

勝ち負けにこだわると、負けると落ち込み、勝つと小さなプライドが守れます。

プライドを守るために、相手の話を理解せずに言い負かせたり、まともに議論をせず論破しようとします。

話している相手は数少ない友人のハズなのに、その友人を理解しようとせずに言い負かす。

なんと愚かな行為か。孤独になって当然です。

コミュニケーションに必要なことは、同じ目線に立ち、相手を理解し、相手が喜ぶ事をする事です。

そうする事で、初めて相手からも理解される可能性が生まれます。

孤独になりやすい、勝ち負けにこだわるコミュニケーションは、本当にオススメしません。

性格が卑屈

性格が卑屈だったり、自分に自信が無かったりすると、グループ単位の集いの際に「なんで俺なんかがこんなところにいるんだろう」と思ってしまう可能性があります。

そうすると、引っ込み思案な性格を発動せざるを得なくなります。

自分が喋る事自体が相手に申し訳ないので、終始無言を貫きます。

グループ内で自分だけ喋れない状況は、大変疲れるものです。

そうすると、そのグループと会いたいと思う事は無くなっていき、孤独になってしまうのです。

このように、孤独になっていく理由はいろいろあります。

では、孤独から抜け出すにはどうすればよいのでしょうか。

孤独でつまらない人生からの脱出方法

人と会う

孤独であれば、旧友に会うか、新規で誰かと会う必要があります。

携帯電話に入っている人の中で、もしかしたら他人を馬鹿にするような事をしない、信頼出来るような相手がいるかもしれません。

そういう人に勇気を持って連絡するのは全然ありだと思います。

旧友に会う

久々に連絡してくる人は、そこそこ警戒されます。

なぜなら、変な勧誘をされたりする可能性があるからです。

なので、旧友に会う場合は、相手に「信頼している事」と「悩みがある事」を、正直に打ち明けた方がいいと思います。

習い事をする

ちなみに、人によっては新規で誰かと会う方が気楽かもしれません。

その場合、出来る限り同じ話題で盛り上がれる方がよいでしょう。

例えば、習い事をしたりするのが一般的かと思います。

私は習い事の経験が乏しいので、こういう場合は共通の趣味の方がいるオフ会をオススメしています。

オフ会に出る

都会であれば、オフ会は毎日のように行われてたりするものです。

しかし、知らない人と合う。

これは、孤独な人によっては、かなりハードルの高い行為かもしれません。

ですが、もし孤独を感じる生活をしているのであれば、積極的にオフ会に参加してもいいのでは無いでしょうか。

人は、好きな事を人に話せると楽しいと思えます。

それだけでお互いに楽しいものです。

もちろん、共通の趣味などない、普通のオフ会に出ても良いと思います。

ですが、孤独を目指してコミュニケーションが苦手だった私にとって、共通の趣味では無いオフ会と言う物はストレスがかなり溜まる物でした。

コミュニケーションを学ぶ

1対1で相手が話し上手であれば、孤独に慣れている私でもなんとか会話する事が出来ました。

ですが、知らない人達と集団で集まるとなると、私が知らない事を皆が話し始め、私に発言権が一切回って来ないのです。

そして、単なる食事会や飲み会のような場合だと黙ってるだけで終了。

これ、かなり苦痛でした。

なので「もうオフ会には行きたくない」と思った事もありました。

ですが、やはり私のコミュニケーション能力不足が原因だったのです。

人生で一番多い悩みは人間関係の悩みです。

なので、コミュニケーションについて学べば、多くの悩みが解消されます。

私は、とりあえず読書をする事をオススメしています。

しかし、実際にコミュニケーションを学ぶ人は少ないのが現状です。

人生でトップクラスで大切なのに。

孤独な人はプライドが高く、だからこそ孤独になってしまうんですが・・・・プライドが高いほど人と打ちとけにくくなります。

プライドが高いと、どうしても他人をネタにして会話する事が多くなります。

最悪の場合、完全に見下している相手を馬鹿にしたネタを使ったりします。

人を馬鹿にするネタを正しく成立させるには、馬鹿にされる相手との信頼の元で成り立ちます。

信頼関係が無いのに他人を馬鹿にするネタは、逆に信頼を失ってしまうので注意です

自分の失敗談をさらけ出す

プライドを捨てる事が出来れば自分の失敗談で笑いを取ったりする事が出来ます。

これが出来るようになると、人間関係がものすごくラクになります。

会話の中で、他人をネタにするより、自分をネタにした方が、明らかに好印象を持たれます。

「うんこしたあと手で拭くしかなくなった事件」とか「飲み会のあとに気付いたら公園で寝てた事件」とか「アソコが小さいと言われた事件」など、なんでもいいんです。

ちなみに上記の事件は、私の実体験です。

このような失敗談は、人物や特徴が分かり、親近感を覚えられます。

ただ、人間性を問われる引かれるようなものや、現在の自分にまでネガティブなイメージがつく話題は避けた方が良いでしょう。

コミュニケーションは人生で最重要

私はダウンタウンがかなり好きです。

疲れて退職した時、家で孤独に引きこもりながらもダウンタウンのお笑いを毎日見るように心がけ、救われた部分があったりします。

彼らが面白い理由の一つに、テンションの高さがあります。

テンションが低い人との会話は、相手のテンションすら下げてしまいます。

ですが、常にテンションが高すぎても相手が疲れる可能性があります。

オススメなのは、相手より少しだけ高いテンションでいる事です。

私は、仕事で活かせるような技術的な資格より、こういった人生単位で役に立つ、コミュニケーションやユーモアなどのスキルを学んだ方が良いという考えが強いです。

コミュニケーションやユーモアを学ぶ、これにより、更に人生が楽しくなるかもしれません。

というより、人生において最も必要なスキルの一つだと確信しています。

それを学ばない人が多い理由は「くっだらね」と思ったり、「今の自分のコミュニケーションが間違っていると思いたくない」からに他なりません。

耳が痛いから避けてしまうのです。

ですが、そういった本や情報には、私の普段の失敗に気付かされる事が本当に多くありました。

私はこれからも学び続け、更に良いコミュニケーション能力を身につけたいと思っています。

知らない土地では知らない人と会わないと孤独になってしまう

私は仕事の都合により、神奈川から心機一転新潟へ自ら望んで引っ越す事になりました。

知らない土地では、知らない人と会わないと孤独が付きまとってしまいます。

なので私は新天地で人と会い、新たな知人を作りました。

そしてこれからも出会い続ける事になります。

今回伝えたい事は、孤独から抜け出すためにはコミュ力を鍛える事、それを実践するためにはオフ会などの集いに参加する事です。

何回も人との出会いを続けていると、自然と孤独から卒業する事が脱出できるようになるものですよ。