【※ただしイケメンに限る】と言ってしまう理由のイメージ画像
私も、ネットで【※ただしイケメンに限る】という言葉を使った事があります。

それまで、私に彼女が出来ないのは自分のルックスが悪いからだと思い込んでいたから仕方ありません。

ですが、正直なところ、男性の方が女性をルックスで選んでいる可能性が高いです。
ちなみに、これは男女を含めたほぼ全員が内心では理解している事です。

人の価値は決して顔で決まったりはしませんが、女性よりも男性の方が高確率で面食いです。
建前は置いといて、これを本心から否定出来る人は少ないでしょう。

ですが、自分の面食いは正当化して、女性の発言には【※ただしイケメンに限る】と言ってしまう。

今考えると、こういった30歳までの私の言動は、まさにモテない奴の典型例でした。

【※ただしイケメンに限る】と言ってしまう理由

私が※ただしイケメンに限ると言ってしまっていた理由は物凄く簡単です。
草食系を超えた絶食系で、恋愛を完全に諦めていたからです。

私は表面上で「女はクソ」「金の無駄」と言い続けて来ましたが、内心では恋愛をしている人が羨ましかったのです。
ですが、そんな事口が裂けても言えません。

なので恋愛している男性に向かって「チャラい」とか「リア充氏ね」の一言で終わらせるしかありませんでした。

卑屈な性格で、だけどもそんな自分の人格を否定もしたくない。
そうすると、自分のルックスの否定か、女性そのものを否定する選択肢しかなくなります。

そうして私は恋愛を諦め、孤独な趣味に没頭して行くという楽な選択を取り続けた結果、気付けば私は30歳になりました。

人生に疲れ、30歳無職になり、自分を変えたいと思った結果、※ただしイケメンに限ると言ってしまうような不幸な考え方は消えていきました。

【※ただしイケメンに限る】の正体とは

女性は男を見た目で判断する部分が確かにあります。
ですが、これは決してルックスだけではありません。

雰囲気を改善すること

女性が見た目で否定するのは、卑屈だったり自信がなかったりする事で女性の前でどうしても出てしまうマイナスの雰囲気や、見た目をあまりに気にしなさすぎる髪型とファッションが原因です。

卑屈過ぎるマイナスイメージとは「どうせ俺の事なんて好きになってくれる訳が無い」とか「俺なんかと一緒にいてもらって申し訳が無い」等の思いによって発せられる負のオーラの事になります。

女性はそういった物を感じ取る嗅覚が非常に強いので、この負のオーラは簡単にバレてしまいます。

なので負のオーラを纏ってしまった場合、女性から恋愛対象外になってしまうレベルの大減点を食らってしまいますので、練習と考え方の改善が必要になります。

嘘だと思ってもいいので、歩く時に背筋を伸ばして堂々とする習慣をつけてみてください。

私は30歳まで、周りに心配してもらえたり、苦労を認めてもらえるかもしれないと、意図的に疲れた感じを全面に出して「俺は頑張っている」「頑張っているから疲れている」「俺は苦労している」「察してください」という雰囲気を出していましたが、この行為はデメリットばかりで、何一つ良い事は発生しませんでした。

もしあなたが意図的に苦労人を演じているのであれば、周りからは「面倒くさいな・・・」とか「残念な人だな・・・」と言った悪い意味での同情を受けています。

それで良かったらどうぞ苦労人を演じ続けてください。

ですが、そうでなければ必ず改善してください。

これは本当に他人から指摘を受けないと気付けない部分なんです。

なので負のオーラを出してしまう気持ちは分かるんですが、その根本に存在する察して欲しいという甘えた感情は、めちゃくちゃモテないだけでなく、仕事や人間関係、もはや人生単位で確実に損をします。

清潔感を改善すること

女性は、この雰囲気と髪型とファッションで、男性の見た目の8割を判断します。
「嘘だろ」と思うかもしれませんが、この8割はかなり正しいです。

なぜなら女性は男性と違って、異性の顔なんかよりも、手の爪の先から、足の靴の先や、姿勢や雰囲気、そういうところを本当によく見ています。

清潔感が無かったり、爪切りしないだけで恋愛対象外にされる危険性があるのです。

清潔感を含めたこういう細部が見た目の8割なので80点です。そして、残りの2割が顔です。これが、見た目の20点。
女性の顔と胸と、衣服によってはスカートの内側や足にばかり見が行ってしまうような私たち男性と全く違います。

ファッションと髪型を改善すること

ところで、私は前職を辞めてしまいましたが、私にとって一種のトラウマである前職場に、心の折り合いをつける為に顔を出した事があります。

辞めてから顔を出すまでには、美容院に行き整髪する習慣がついていたり、センスのいい人の指示を受けた衣類を買い、見た目の改善を行った後でした(ちなみに、ファッションに自信がなければ絶対に自分で衣類を選ばないでください)。

そしたら前職場で私が噂になっていました。「イケメンになっていた」と。
これ、意味がわからないかもしれません。

イケメンになったという言い方の時点で、「前はイケメンじゃなかった」と遠まわしに言っていっているので地味に失礼な言葉です。
ですが、結構嬉しかったのを覚えています。

私は決してルックスが良くは無いのですが、ただ雰囲気とファッションと髪型が良くなっただけでこのような印象を持たれてしまいました。
とは言え、当時働いていた時と職場に顔を出した時では、はっきり言って私という人間自体にもかなり違いがありました。

イケメンじゃない私がイケメンと呼ばれたのは何故か。

その理由を伝えます。

ルックス以外の見た目が良ければイケメン扱いされる

はっきり言って、この雰囲気と髪型とファッションの80点が出来ていれば、顔という20点を持っているだけのルックス強者より、見た目で勝ててしまうのです。
つまり、雰囲気と格好が良かったら、顔という見た目で減点をほとんど食らいません。

私は決してルックスがよくありませんが、この事実を知ってからというもの、前者の80点を大切にしています。

チビデブハゲのオッサンでも、堂々として声を張って喋る事が出来たりフレンドリーな雰囲気だったり、その上でファッションと髪型が良かったら、あまり減点を食らいません。

イケメンだったら多少ダサくても大丈夫だったりしますが、ダサくてブサイクだと、恋愛対象外にはじき出されてしまいます。

「俺の年収は1000万円」と言う人がいても、総合の見た目や雰囲気が悪い人は、どうしても恋愛をする事が難しくなります。

それはなぜか。

チビデブハゲで卑屈でキモいだけのおっさん。

頭に思い浮かべてみましょう。

こうなると、男性から見ても嫌悪感を覚えます。

当然、女性から見ても恋愛対象外。

これが、ルックス弱者の最大の問題点です。

まずは、恰好から入りましょう。

女性は男性のルックスをそこまで気にしていない

女性は男性のルックスをそこまで重視しないのは本当ですし、あなたも何回も見た事があるはずです。

「美女と野獣カップル」を。

私は、ブサメンが美人と付き合っている事を、それこそ大量に見たことがあります。

そして、私の知り合いに超ブサメンがいますが、性格に卑屈な部分も無く、顔意外は努力して改善していますし、行動力があるのでめちゃくちゃモテています。

性格は、良くしたいと思えば良く出来ます。
そして顔以外の見た目は改善しようと思えば簡単に改善出来ます。

なので、はっきり言って【※ただしイケメンに限る】という言葉は、完全に言い訳になります。

そんな事言ってる暇があったら、とっとと自分を磨きましょう。

女性が男性の見た目に求めている物

それは、見た目の人間性です。
もしあなたのルックスが良かったとしても見た目に気にしなさ過ぎた場合、女性には内面もだらしない人間だと思われてしまい、生理的に拒否され、嫌悪感を持たれるのです。

ですが、ブサイクな男でも、見た目にしっかり気を使っていれば「この人は、人間的にしっかりした人かも」と思わせる事が出来ます。
そうすると、「この人は将来的に安心出来る人の可能性がある」そう思ってくれる可能性があります。

ルックスが良いのにファッションや髪型を気にしないと女性はどう思うか。
「この人は怠惰でダメダメな生活を送っているかもしれない。」
そう思ってしまうのです。

清潔感の無い見た目は本当に拒否される

怠惰な生活をしている男性が好きと思う女性がほとんどいないというのは、男性でも理解出来ると思います。
細部まで気にかけるようにしていると、自然と女性から拒否される事は減って行きます。
そして、見た目が良くなると人間否定されなくなります。

総合の見た目が悪いと最悪の場合人間扱いされなくなる

もしもの話ですが、30歳以前の私が公園の子供達と一緒に、勝手に遊んでたとしましょう。

イケメンでもなく、当時の髪型は坊主頭、疲れた感じをアピールする歩き方で、服装はボロボロ、卑屈な態度を取って、ボソボソと子供達に話しかける。




これ、本当に警察を呼ばれかねません。

そう、最悪の場合不審者だと思われてしまうのです。
事実、20代の私が職務質問を受けた回数はマジで1度や2度ってレベルではありません。

ですが、現在の私は、その後に来るであろう親御さんに明るく振舞う事もちゃんと出来ますし、不審者と思われる可能性は極端に低くなります。

恋愛を諦める必要は無い

ここまでの内容で、人としての雰囲気と、ファッションや髪型の重要性が分かっていただければ幸いです。

女性と接するのであれば、せめて人間扱いされるレベルまで自分を持っていかなくてはなりません。

ここまで言っても「よくわかんないし、髪やファッションなんて適当でもいいや」と思っている人がいる事でしょう。

ですが、世の中でモテている人はブサイクは沢山いてもダサい人は本当にいません。

とはいえ、イケメンでは無い私にとって、男の見た目が顔で決まらないのは幸いしました。

ですが、私は清潔感皆無な格好で女性と出会い、見た目で一発アウトを食らい、相手が引いてしまったのが一瞬で分かった事が何回もあります。

そしてその後、お互いが恋愛対象外になっている状態で苦痛な時間を味わうのです。

最初の恋愛活動は酷い物でした。

ですが、現在では女性と楽しく会話する事も出来ます。

女性と接点を取り、会話を練習することで、少しずつ上達するものなので、女性との出会いを増やしてみる事をオススメします。