仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由のイメージ画像

私は今までアルバイトや仕事を楽しいと思った事はありません。嫌だつまらない辞めたいと思いながら毎日出勤していました。

やる気も全く無し。

必要最低限の言われた事をやらされる毎日。

そんな毎日は苦痛でしかありませんでした。

私は学生時代に飲食店でアルバイトした結果、自分は「仕事ができない人間」なんだと思い知る事になりました。

その後は、フリーターやニートをしていましたが、基本的にやりがいない単純作業のアルバイトばかり選んでいました。

ですが、技術革新の時代が来た今、やりがいない単純作業はAIがやる事になるでしょう。

ニートやフリーターをしていると、まともに生活ができません。

私は26歳になってから、仕方ないという気持ちで初就職しました。

選んだ職種は介護でした。

仕事がつまらないのは当たり前だと思っていた私は、できる限りサボる努力をしました。

つまらない、めんどくさいと思いながら、適当に仕事をした結果、私は仕事を辞めたいと思い始めたのです。

私は辞めたいと思い続けながら、つまらない仕事をイヤイヤしていたのです。

ですが、結局辞める勇気も無いので、仕方なく継続してしまいました。

ちなみに、介護が悪いわけではありません。

人生がつまらないと感じていた当時の私の思考回路には、多くの問題があったのです。

仕事に不満だらけなのに3年も継続してしまった

つまらない仕事に不満だらけで辞めたいと思いながらも、次を見つけるわけでもなく、変化を嫌い、同じ事を繰り返す日々を自ら目指してしまいました。

やりがいない単純作業ばかりしていた私にとって、就職してからの介護の仕事は大変苦しいものでした。

仕事をしていると新入社員が入ってきます。

やる気のある新入社員が入って来たら、不満だらけで介護を辞めたいと思っている私なんか、一瞬で抜かされます。

よく比べられました。

「新入社員の彼は出来るのに、何で君は出来ないんだろう」と。

これ相当ヘコみます。

なので、たまに頑張ってみようとしますが、普段から仕事がつまらないから介護を辞めたいと思っているので、正しい仕事のやり方がわからずに空回りするだけで終了。

仕事ができないうえに人間関係もうまくいかないので、私はサボる事が増え、帰りたいと思いながらも興味ない仕事を継続しました。

私は、やりがいない単純作業をする日々に、戻りたいと感じていました。

不満だらけで適当な仕事をする日々

仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由のイメージ画像

私は不満だらけで辞めたいと思いながらも、適当にラクして仕事をする日々を過ごしました。

毎日したくもない仕事をするために職場に行き、イヤイヤ出勤する毎日。

仕事が終わったらパチンコ屋へ。

家に帰っても特にする事もなく、毎日がつまらないのでパソコンでネットしながら時間を潰す日々。

本当に楽しいと思えませんでした。

それなのに、つまらない毎日から抜け出そうともせず、やりたくもない事を続ける日々を、結局3年も繰り返しました。

そして私はストレスを感じ、精神的に崩れ、仕事を辞める事になったのです。

そして無職のまま30歳の誕生日を迎えた結果、無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中三十路になり人生に絶望しました。

死にたくなるレベルでした。

仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由

やりがいない単純作業ばかりしていた私にとって、就職後の仕事は大変苦しいものでした。

私は仕事を辞め、30歳を過ぎてから職業訓練に通い、借金をしながら就職活動をして、退職してから8ヶ月後に就職しました。

精神的に崩れたおかげで辞めるキッカケを得たのですが、今では大正解だと思っています。

前職そのものが悪いわけではありません。

当時の私の思考回路が良くなかったのは間違い無いでしょう。

仕事には主体性が必要で、やらされる作業ほどつまらないものはありません。

ですが、辞めたいと思ってから、実際に辞めるまで、2年以上も不満だらけの仕事を継続してしまったのも事実です。

なぜ人は、不満だらけなのに仕事を辞められなかったのでしょうか。

不満だらけなのに、次の仕事を探していない

仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由のイメージ画像

現在の私の周りにも、今いる会社に対して不満だらけなのに、辞めずに継続している人は多いです。

不満だらけになる気持ちは分かります。

仕事がつまらないのは当たり前だと思っていたり、やりがいない単純作業を求めたりする人は、私だけではありません。

中には仕事を楽しいと思っていても、度重なる残業でストレスを受けたり、人間関係が悪かったり、評価されない事でモチベーションが下がったりする人もいるでしょう。

私も、以前いた仕事に不満だらけなのに辞めずに継続していました。

継続した主な理由は、次の仕事を探すのが単純に面倒くさかったからです。

「いつか辞めたい、いつか転職したい」といった感じの事を、よく考えていた事を覚えています。

ですが、具体的に次を探す気は無いんです。

そういう人、結構多いと思います。

ですが、これ実は、割とタチが悪い状態だったりします。

仕事がつまらないのが当たり前だと思っている人には信じられないかもしれませんが、この世には仕事が楽しいと思っている人も、結構多くいるのです。

それなのに、不満だらけなのに仕事を継続する人は、周りにグチグチ言ったりするのです。

なぜなら、みんな不満だらけだと思っているからです。

私の目から見える情報、2ちゃんねるやニコニコ動画の世界では、仕事に不満だらけな人ばかりが見えました。

その結果「みんな不満だらけに違いない」という、強い偏見を持っていたのです。

ですが、実は仕事を楽しいと思っている人は、私の思っている以上に存在していたのです。

それなのに、仕事に不満だらけで文句ばかり言っていたのです。

そんな私の存在は、仕事を楽しんでいる人にとっては、みんなのモチベーションを下げるので「害」になる存在だと言えるのです。

嫌な仕事をイヤイヤ続ける事は、むしろ周りの迷惑になる可能性すらあるので、早めに次を見つける事をオススメします。

不満だらけなのに、周りに迷惑がかかると思って辞めない

仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由

私は体調を崩した時に、あれだけ不真面目な私が「周りに迷惑をかけない」という選択をしてしまいました。

そして、結果的に体調は悪化しました。

自分の身を持ってお伝えさせていただきますが、仕事に不満だらけなのに、周りに迷惑がかかると思って辞めないのは、最も愚かなパターンです。

まず、仕事に不満だらけな時点で、イヤイヤ続けているという事になります。

仕事をイヤイヤやりながら不満だらけなのに継続している事が、そもそも周りに悪影響を与えていると言えるでしょう。

あなたが思っている以上に、主体性を持ちながら、仕事を楽しんでやっている人は多くいるんです。

毎日のように苦痛を感じているのであれば、早めに転職した方が身のためです。

体の方が大切です。

人がいないから辞めない人もいるかもしれませんが、会社は、誰も辞めないから人員を増やさないだけです。

冷たい言い方かもしれませんが、会社は、人が辞めれば補充すればいいだけなんです。

仕事を辞めない理由に「迷惑をかけたくない」事を絶対に選択しないでください。

最近では、退職代行というものが存在します。

電話一本で、仕事を辞める事を代理で行ってくれる業者が存在するのです。

ようするに、明日から会社に行かずに済むのです。

上司に相談できないのであれば、利用してみるのも一つの手でしょう。

責任逃れ、周りの迷惑、そんな事は一切気にしないでください。

あなたにとって、この世で一番大切なものは、あなたの命です。

逃げるという選択肢は、恥ではありません。

周りの人なんて気にせず、一度逃げ出してみましょう。

不満だらけなのに、好待遇だったり公務員だから辞めない

仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由

これは、私個人の意見ですが、仕事に不満だらけなのに、好待遇だったり公務員だから辞めない人は、本当に苦しいと思います。

なぜなら、家族や友人に「仕事に不満だらけなんだ」と伝えても、好待遇だったり公務員だと、周りの人は「辞めない方がいいよ!」と言って来る可能性が高まります。

そうして不満だらけの仕事をイヤイヤやって、気付いたらそのまま定年退職する。

そんな人生、私は本当に苦しいと思ってしまいます。

仕事がつまらないのは当たり前だと思わなくなった今では、もしやりがいない単純作業を一生する事なったとしたら、例え好待遇だからとしても遠慮したいと思ってしまいます。

もちろん、単純作業が楽しいと思う人もいるので一概には言えませんが、適材適所は存在するものです。

自分の人生の決断は、自分でする事をオススメします。

不満だらけなのに、今の仕事が全てだと思っている

仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由のイメージ画像

高校、大学までをエリートのまま突き進んできた人は、そのまま目的の大企業に就職する事も出来るでしょう。

そして、就職した時点で大企業で一生働く事を想像しているかもしれません。

親に認められ、友達に認められ、大企業の中でも認められ、自分の中で大成功。

ですが、そんな状況も、たった一人の嫌な上司の出現によって、簡単にひっくり返ります。

嫌な上司の出現によって突然、苦痛の日々がスタートしても、今の仕事が全てだと思っている人は、簡単に辞める事ができません。

たった一つの居場所しかないと思ってしまうと、視野が相当狭くなります。

嫌な上司に苦しめられ、それを上部に報告しても、復讐が待っている可能性もあるでしょう。

そんなボロボロに戦うぐらいなら、そんな不満だらけの仕事なんて辞めればいいと思います。

私は30歳を過ぎて、無職になって、借金をした状態から就職活動を始めました。

ですが、別に死ぬことはありませんでした。

精神が潰れる事になるぐらいなら、不満だらけの仕事を辞める方が先決です。

人生辞めるぐらいなら、嫌な事の方を辞めましょう。

不満だらけの仕事から、一度は逃げる練習をしよう

仕事に不満だらけなのに辞められない4つの理由のイメージ画像

責任が無いだの根性が無いだの、不満だらけの仕事を辞める時に、何か言ってくる人が、もしかしたらいるかもしれません。

ですが、そんな人には「その人の命の責任が取れますか?」と問いたいぐらいですね。

今の日本には、イヤイヤ仕事をしていたり、不満だらけの仕事を継続していたり、精神をすり減らして働いている人が非常に多いです。

何度でも言いますが、私は仕事辞めて借金する事になっても、死ぬことはありませんでした。

むしろ、再就職するまでの8ヶ月で、本当に様々な経験をして、本当に様々な事を学ぶ事になりました。

不満だらけの仕事に疲れたら、辞めてもいいんです。

そして、2019年現在は、就職する難易度は、かなり低くなっています。

不満だらけの仕事から、一度ぐらい逃げてみる事をオススメします。