人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

人生を好転させるにはどうすれば良いのでしょうか。

ちなみに、私は30歳まで人生がつまらないと思って生きてきました。

私は学生時代を特に希望も無く生きて来た結果、無職になっていました。

趣味はパチスロだけなので、パチンコ屋に行く日々。

そんな事をしていると友人は減って行きます。

ですが、適当に生きているとお金が無くなり生活出来ないので26歳の時に初めて、仕方ないという理由で就職する事になったのです。

今まで単純作業のアルバイトしかしていない私にとって、仕事は苦しいものでした。

仕事をやりがいないしつまらないと感じながら、適当に言われた仕事をやる日々。

ストレスを受け、モチベーションも無く、時間は長く感じ、毎日のように疲れていました。

たまに頑張って仕事をしようとしても、頭が悪いせいで仕事についていく事が全然出来ません。

仕事とパチンコ屋と家を移動するだけの日々でしたが、唯一の趣味だったパチスロが、つまらなく感じるようになりました。

私はたった一つのストレス解消法を失いました。

色々な不幸が重なり、ストレスを日々を過ごした結果、私は体調を崩しました。

仕事が出来る状態ではなくなり、私は29歳で退職することに。

その数日後に30歳の誕生日を迎え、無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中三十路が誕生。

人生に絶望しました。

ですが、今考えると私の人生が好転したのは、この次の日からだったと思います。

人生を好転させる5つの方法

私は絶望した結果、人生を好転させたいと思いました。

私は30歳になったあと、人生を好転させるためにはどうすれば良いのかを本気で考え、調べました。

そして行動しました。

そうすると、少しずつ人生が好転していったのです。

私はその経験から、私が人生を好転させた方法をお伝えする事が出来ます。

では、どうすれば人生を好転させる事が出来るのでしょうか。

まずは人生を好転させる5つの方法をお伝えします。

1.肯定的な言葉を使う

人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

肯定的な言葉を使う事は大切です。

肯定的な言葉を使う事で、物事の良い面を見つける練習ができるからです。

人生がつまらないと思っていた私は、否定的な発言ばかりしていました。

ですが、否定的な発言を止めると、次第と人生が好転していったのです。

人は、ポジティブな事を見つける練習をすると、ポジティブな事を見つける事が上手くなっていきます。

逆に、ネガティブな事を見つける練習をすると、ネガティブな事を見つけるのが上手くなっていきます。

なので、悪口などは極力言わず、肯定的な言葉を使ってみてください。

無理やり思ってもいないポジティブな事を言う必要はありません。

1つの物事には、2つの側面が存在します。

美味しい食べ物には、食べると満足する側面と、食べ過ぎると太る側面があります。

その2つを冷静に見てから、肯定的な方を選択してみましょう。

2.相手を褒める、認める、感謝する

人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

人生を好転させる方法の2つ目は、相手を褒める、認める、感謝する事です。

人生がつまらないと思っていた時の私が、くだらないと思っていた内容になります。

まず、多くの人は、相手から気に入られたいと思っています。

みんな褒められたいと思っています。

みんな認めて欲しいと思っています。

みんな感謝されたいと思っています。

だからこそ、自分から、褒める、認める、感謝するんです。

自分から、褒めて、認めて、感謝すれば、相手からも褒められ、認められ、感謝されるようになるんです。

「いや、まずは相手が俺を認める方が先だろ」という気持ちはわかります。

ですが、逆に考えて欲しいんですが、相手がジャイアンのように振舞って「俺を認めろ!」と言われたら認めたいと思いますか?

認めたくないですよね?

だからこそ、自分から褒めて、認めて、感謝するんです。

相手から理解されるより、相手を認めてあげる方が先なんです。

そもそも「みんな理解してくれない」という意識を持っていた私は、誰かを理解しようとしたことすらありませんでした。

相手を理解しようとすらしていないのに、「みんな理解してくれない」と思ってしまう事が、どれだけズレているかは、あなたにも分かると思います。

褒めて、認めて、感謝すれば、相手から魅力的な人間だと思われ、人が集まってくるようになり、自然と居場所が作られます。

是非試してみてください。

3.変化を受け入れる

人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

人生を好転させる方法の3つ目は、変化を受け入れる事です。

ですが、意識しないと変化を受け入れる事は難しいです。

なぜなら、人間の脳は変化を嫌うからです。

なので、新しい物事や環境に飛び込むことを嫌がります。

人類は20万年から生きていますが、生活に変化を伴うと、昔は死の危険性があったのです。

ですが、死ぬ可能性が極端に減った現代では、変化を受け入れないと、むしろ毎日が同じ事の繰り返しで人生が好転しません。

毎日同じことの繰り返しな日々は、つまらないんです。

今までの人類に必要だった安定志向は、人生がつまらなくなる要素になってしまったのです。

そして、この地球上では、ほとんどの物が変化していきます。

人生を好転させるのであれば、変化を受け入れる事は大切になります。

ちなみに「仕事に変化を入れたくない」という気持ちは分かります。

つまらない仕事は、苦しい変化があるより、変化が無い方がラクですからね。

ですが、実は仕事に変化が無いとモチベーションが低下するという事が分かっています。

ちなみに、私は前職で「仕事は毎日同じ事の繰り返しが良い」と口に出して言った事があります。

これは、新しい事を覚えるのがイヤだから、同じことの繰り返しが良いと言う、完全な努力放棄の発言でした。

ですが、変化を受け入れる姿勢があると、仕事にも新しい事を取り入れる事が出来るようになるので、楽しくなる可能性が生まれるのです。

むしろ、一年前と全く同じ仕事をしているのであれば、今いる会社が好転していない事を疑った方が良いかもしれません。

変化を前向きに捉え、変化を受け入れる事で人生は好転していく事になります。

人生を好転させたいのであれば、是非、変化を受け入れてみましょう。

4.目標を持つ

人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

人生を好転させる方法の4つ目は、目標を持つ事です。

逆に言えば、目標を持っていない人生はつまらないです。

ちなみに、人生をつまらないと感じていた私は、30年間、特に目標を持っていませんでした。

ですが、目標の無い人生は、本当につまらなかったんです。

そして、目標を持たない事自体がストレスになってしまうんです。

人生を好転させるには、目標は大切です。

そして、目標は本当になんでもいいんです。

何かしら簡単な目標を作ってみてください。

嘘だと思って作ってくださいと言いたいところですが、嘘だと思ったら行動しないので却下です。

そして、もし嘘だと思って行動したとしてもやらされている作業ほど苦痛なものはありません

なので、出来るだけ納得してから目標を作ってみて欲しいんです。

私がオススメしている目標設定方法は2つあります。

一つ目は、自由な100万円があったとします。一ヶ月以内に消えます。物に残せません。

あなたなら100万円で、何を経験しますか?

それとも何を学びますか?

または何のスキルを得ますか?

よく考えれば、それをそのまま目標にする事が出来ます。

2つ目は強烈です。

「やらずに後悔している事を目標にしてみる。」

この問いに対して「拒絶」が発生する可能性は非常に高いです

「やらずに後悔している事を目標にしてみる」と言われると、人は「拒絶」します。

「今日は、まだ無理なんだ。」

「いつかそのタイミングが来る。」

と、先延ばしにしてしまうんです。

なぜなら、人の脳は、来に期待するようにできているからです。

もちろん、大きすぎる目標を持つ必要はありません。

むしろ、非現実的な目標は、挫折の原因になります。

目標への最初のハードルは、もう本当に、相当なまでに低くする事をオススメします。

5.自分の人生を生きる

人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

人生を好転させる方法の5つ目は、自分の人生を生きる事です。

「は?」と思われるかもしれませんが、人生を好転させるためには、自分の人生を生きる事が大切なんです。

この世には、親に決められた人生を歩んでいる人や、周りの目を気にした人生を歩んでいる人もそれなりにいます。

そういう人は、どうしても生き苦しさを感じてしまいます。

私は、親が行けと言ったから、専門学校に通い、20歳の時に中退しました。

「親が行け」という意見に対して、自分の意思を持たずに流された時点で、私は自分の人生を生きていなかったのです。

親や友人に従ったり、常識に従ったり、学校に従ったりする事が悪いと言っているわけでは無いです。

人生を楽しんでいる人は必ず、自分の価値観通りに人生を生きています。

自分の価値観を持っているので簡単に他人に左右されません。

あなたの人生は、あなたの価値観通りですか?

人生がつまらないと思っていた私は、現在では人生が楽しいと思っています。

人生を好転させるためは、自分の価値観通りに自分の人生を生きてみましょう。

人生を好転させるために絶対にやってはいけない事

ここまで人生を好転させる5つの方法を書きましたが、人生を好転させるために絶対にやってはいけない事が存在します。

人生を好転させる5つの方法を実行したとしても、人生を好転させるために絶対にやってはいけない事をしてしまうと人生は好転しないでしょう。

人生を好転させるために絶対にやってはいけない事についてお話させていただきます。

否定、悪口などのネガティブな事ばかり言う

人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

人生がつまらないと思っていた私は、頻繁に、否定、悪口などのネガティブな事ばかり言っていました。

ですが、1つの物事の悪い面ばかり言っていると、物事の悪い面を探すのが得意になります。

そうすると、人生を好転させるどころではなくなってしまいます。

否定をすると自分の信用を落とす

人生を好転させたくても、否定ばかりしていると好転しません。

人生がうまくいっていない人は、基本的に不満ばかりで否定的な人が多く、優越感を得るために自ら攻撃対象を探しに行き、攻撃したりするのです。

これは完全に過去の私の事です。

そして、私が長い間否定ばかりしてきた結果、一体何を得る事が出来たのか、それをはっきり伝えます。

はっきり言いますが、最初から否定するような言動は、本当に何も生みません。時間と力の無駄遣いでした。

むしろ否定ばかりしているなら聞きたいです。

否定ばかりしていて、人生単位で何か得した事があなたにはありますか?

否定ばかりしていると、話相手の発言すら否定するので、相手の信用を落としたり、イライラするようになります。

相手より優位に立つための否定には何のメリットも存在しないので、もし話し相手と対立する事になったとしても、まずは相手の言葉を一度受け止めましょう。

そして、否定では無く、自分が持っている主張をするようにしましょう。

悪口を言えば言うほど自信を失う

人生を好転させたくても、悪口を言うと好転しません。

人生がつまらないと思っていた私は、ネットの掲示板などで他人の悪口をよく書いていました。

ですが、悪口は、ネガティブな側面を見つけるトレーニングをしているようなものです。

そうすると、人のネガティブな側面を見つけるのが上手くなるので、人を信じられなくなっていくのです。

毎日のようにインターネットで悪口を書いていた私は、悪口なんてみんな裏で言ってる事だと思っていました。

人生がつまらないと感じていた私は、他人を信じていないんです。

ですが、人生を楽しんでいる人は、実は他人の悪口を全然言っていない事に気付いたんです。

それに気付いた私は、毎日のようにしていた低レベルな批判や悪口を言う事を止めました。

そうしたら、少しずつ物事の良い側面を見れるようになっていったのです。

そして、他人の事を信じれるようになり、そんな自分が好きになって行ったんです。

そして、悪口ばかり言っている人の人生は、全然うまくいっていません。

なぜなら、悪口ばかり言う人は、あら探しのプロなので、自分の人生に不満だらけなんです。

もし悪口を言ってる人を見かけたら「あ、この人は自分に自信が無い人なんだな」と思いましょう。

人生はいつからでも好転させる事が出来る

人生を好転させる5つの方法と絶対にやってはいけない事のイメージ画像

30歳そこそこ程度の私がいうのもなんですが、人生を好転させるのに年齢は関係ありません。

現に私は、50代の男性が、凄まじい勢いで人生を好転させているのを見た事が何回もあります。

なので、人生の好転に「もう遅い」はありません。

ただ、出来る事なら早ければ早いほどいいというのも事実でしょう。

私たち男の寿命は大体80歳、たった一度の人生ぐらい、どちらかと言えば人生を好転させた方が良いに決まってるので、残りの人生で後悔しないために人生を好転させる事をオススメします。