幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

私は30歳まで仕事を楽しいと思った事はありません。

嫌だ、つまらない、辞めたいと思いながら仕事やアルバイトをしてきました。

はっきりいって、そういう人、結構多いと思います。

ですが、そういう考えで仕事をしていると、単純に幸せでは無いと思います。

ちなみに、今の私は幸せです。

なぜなら、仕事を楽しめるようになったからです。

私は、仕事を楽しめるようになってからは、自分が幸せだと感じる事が出来ました。

仕事を楽しむには、コツが存在します。

今回は、幸せになるために仕事を楽しむコツをお伝えしたいと思います。

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

私は30歳まで普通にサボる人間でした。

ちなみに私は、やる事をやっているのであればサボるのもアリだと思っています。

私は仕事で幸せを感じられるようになりましたが、あまり仕事が早い方ではありません。

ですので、頭が良くて私の倍以上の量の仕事をしている人も職場にいます。

そういう人には、むしろ仕事をサボって欲しいと思うレベルです。

ですが、30歳以前の私は、単純に面倒だからサボるという。

典型的なダメ人間でした。

そして、こうなると確実に仕事は楽しくありません。

まず、仕事が楽しく感じられるようになった現在の私が、仕事で何をこころがけているかを伝えます。

見て見ぬふりをしない

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

現在の私が勤めている会社は、それなりに人数がいる会社です。

中には、誰がやっても変わらない、あとまわしにされる作業なども存在します。

例えば、

  • テープや、プリンタの紙などの、切れそうな物品の補充と注文
  • 明確に「誰がやるか」が無くて複数名に投げられた仕事
  • それ俺の仕事じゃない・・・とも思えるけど発見してしまった必要性のある仕事
  • 偶然手に入れてしまった、共有するべき情報の展開

などですね。

30歳までの私であれば、こんなの全部無視。

次の人のために物品の補充なんて、私が触っている時に足らなくなったりしなければ面倒くさいので絶対に追加したりしません。

ですが、現在の私は、あとの人の事を考えます。

それを、誰が見ている事を期待するわけでも無く、足りなそうになっていたら追加します。

自分に自信が付くので、みんながやらない事までする

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

多くの人がスルーしている「次の人がやればいいや」と思っている事を意識的にやるようにしています。

そして、そういった事を率先して出来るようになると、なんと、自分に自信が付くのです。

誰でもできるけど、みんながやらない事を、私は出来ているんですから。

自分に出来る事が増えると、自然に自信が付いて行きます。

ただし、被害者意識や自己犠牲の精神を持たない事が大切です。

結局のところ、自分の自信や幸福感のために、率先して仕事をしているんです。

手を抜いても、面倒だからとサボらない

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

ちなみに私は「仕事で手を抜くな」とは思っていません。

人は全力を出すと、疲れます。

なので、手の抜きどころをわきまえるのも仕事のうちだと思っています。

私は仕事に対して60~70%の力を使うようにしています。

そして、正直なところ「これは重要じゃないな」と思った部分には力を入れてません。

そういう部分は最低限のことをやって、手を抜いたりします。

ですが、「面倒だから手を抜く」とか「サボりたいから手を抜く」と良くない事が待ち受けています。

面倒だからサボると、あとから面倒が発生するのです。

30歳までの私は、面倒だから手を抜いた結果、上司から手抜きがバレて「これやったの君?」とあとで文句を言われたことが何度もあります。

そして、「なんでこんな事に?」という問いに対して、言い訳しか出来ませんでした。

こんな幸せとは真逆の仕事のやり方はオススメしません。

後ろめたい事をしない

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

今の私は、うしろめたい仕事を全くしていません。

ちなみに、仕事のスピードは、あまり早くありません。

ですが、うしろめたい事をしなくなっただけで「イライラさん」や「理不尽さん」以外からは怒られる事が、かなり少なくなったのです。

まず、人間なのでミスは発生します。

ミスは、誰にでもあるんです。

同じミスを繰り返すのはどうかと思いますが完璧な仕事をするのは、不可能です。

なので、もし完璧主義の人を相手にする時は、その人を「イライラさん」とでも呼びましょう。

イライラを表に出す人は幼稚だと思えれば、可愛く見れるかもしれません。

完璧主義の人の人生は、人生全てに満足できていません。

常にイライラする人生の末路は、本当に悲惨ですよ・・・

時には理不尽に怒られる事もあるでしょう。

その時の相手は、「理不尽さん」とでも呼びましょう。

理不尽さんの人生には、味方が全然いないので人間関係が本当にうまくいきませんよ・・・

この2種類の人は同情する相手なので怒られても問題ありません。

反発したりせず、ちょっと距離を置いちゃいましょう。

言い訳をしない

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

仕事って、うしろめたい事さえしなければ、それで良いんですよ。

もし会社で偉い人に呼ばれたとしましょう。

うしろめたい仕事をしていたのであれば、呼び出しなどに、ビクビクする事になります。

ですが、うしろめたい気持ちで仕事をしていなければビクビクせずに偉い人と会いに行けます。

もし呼び出されても堂々と「自分の主張をする」か「素直に謝罪」をするだけです。

ですが、うしろめたい事をしていれば「言い訳」が発生するのです。

このように、うしろめたい仕事をしていると、単純に不幸になります。

ミスは自分から報告する

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

ちなみに、自分のミスを発見できた時はラッキーです。

隠さずに、すぐ報告しちゃいましょう。

自分のミスは、みんな隠そうとするので、ミスを報告するだけで、簡単に信頼関係を構築できます。

むしろ、自分のミスを黙って、あとから問題が大きくなった時が結果的に、本当に自分の首を絞める事になるでしょう。

以前の私は私の前に仕事でミスをしていた人に対して「あいつミスしてんじゃねーよ、仕方ないからやっておこう。面倒だから隠しといてやるか」と思っていました。

他人のミスを隠して、更に「黙ってやってるから感謝しろよ」とか思っているんです。

これは、実は迷惑な行為だったわけです。

今の私は、自分がしたミスは隠さずに伝えて欲しいと思っています。

だから、隠さないで欲しいです。

だからこそ、他人のミスを見つけた時は、しっかりと伝えるようにしています。

当然、伝える時には怒りを出す必要なんてありません。

問題提起をする

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

みんながしない問題提起をする事も多かったりします。

以前は問題点を発見したら「あ、面倒な事見つけちゃった」と、見て見ぬふりをしていました。

ですが、現在では「あ、自分の主張が出来る問題点を発見した!自分に自信を付けるチャンス!ラッキー!」って感じに考えています。

みんなが心の中で(これって、このままでいいのか?)と疑問を持っている作業内容があれば、思いっきり上司に伝えます。

ちなみに、こういう問題提起は、仕事にやる気の無い人からは嫌われます。

30歳以前の私だったら「面倒な話題を拾ってんじゃねーよ・・・」と思う事でしょう。

ですが、それでも構いません。

なぜなら、やるべき仕事すら面倒くさいと思っている人は、30歳以前の私のような不幸な人だからです。

私は、30歳以前の私のような不幸な人とは、むしろ距離を取った方がいいと思っています。

サボる人に腹を立てる必要は無い

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

うしろめたい気持ちで仕事に向き合っているうえに仕事をサボっている人は確実に幸福感を持っていません。

だからこそ、私はうしろめたいサボりをする人に腹が立ちません。

注意するのはアリだと思いますが、本当に腹が立たないんです。

なぜサボる人に腹が立たないのか。

はっきり言いますが、うしろめたい気持ちでサボっている人の人生は、結果的に、その程度の人生になるからです。

なので、同情する事はあっても怒りは発生しません。

だからこそ、うしろめたい気持ちで仕事をサボらず主体性を持って仕事をしているのです。

主体性を持つ事が出来れば、仕事だけでなく、人生単位で幸せになれると本気で思っています。

自己犠牲の精神を持たない

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

「嫌な事をしろ」というわけでも「無理をしろ」というわけでも「自己犠牲をしろ」というわけでもありません。

そんな人生は、幸せではなく、不幸だと思います。

むしろ、現在の私は、他の人より無駄な残業をしないので定時に帰る事が多いです。

休日出勤も、あまりしません。

理由としては、会社に貢献したいからです。

他者貢献をする事で、人は幸せを感じやすくなる事が分かっています。

そして、しなくてもいい無駄な残業ほど、会社にとっての損はありません。

勝手に自分から周りの目を気にして、みんな残っているから無駄な残業する。

そんなの、アホくさいと思うんですよ。

ちなみに「さすがにヤバい」と思った時や、周りから「SOS」があった場合は、積極的に残業する時も普通にあります。

助け合いの精神です。

出来る限り自己犠牲の精神は持たない事をオススメします。

幸せな人生を送るために主体性を持って仕事をしよう

幸せな人生を送るための仕事との向き合い方のイメージ画像

「嫌な事をしろ」というわけでも「無理をしろ」というわけでも「自己犠牲をしろ」というわけでもありません。

ですが、自分を幸せにするために、自ら率先して仕事に取り組んでみて欲しいんです。

はっきり言って、当たり前だと思っている人には、当たり前の内容だったと思います。

主体性を持っていない人が、いきなり主体性を持つ事はなかなか難しいですが、仕事についての向き合い方は幸福感と比例します。

是非、主体性を持って仕事をしてみてください。