一人暮らしで寂しい男の悩みを解消する9つの出会いの方法のイメージ画像

一人暮らしをしていて「寂しい」と思った事はありませんか?

私はあります。

当時無職だった私は、20歳ぐらいの時に親から追い出される形で一人暮らしを始めました。

特に働きもせずに過ごす日々。

時間を潰すためにパチンコ屋に入り浸る毎日がスタート。

お金が無くなったらバイトして、ニートとフリーターを繰り返すような生活をしていました。

過去の知り合いに一人暮らしで寂しい今の自分を見られたくないので、学生時代の友人とは疎遠になっていきました。

人との出会いなんて皆無。

一人暮らしで寂しいのに、自分から一人になる事を正しいと思うようにする始末。

ですが、生活が出来なくなったので、26歳の時に仕方なく就職する事になりました。

この年齢での初就職、こじれていた性格、仕事だから割り切ろうと考える職場の人間関係。

一人暮らしで寂しいのに、職場の人とも良い関係とは言えませんでした。

パチンコ屋の中の世界にちょっとだけいる知人と軽く話す程度の人間関係があるぐらい。

そんな一人暮らしをしながら寂しいと思ってしまう日々が続きます。

そうして私は孤独を感じた結果、自分の事が嫌いになり、精神的にくずれ、体調を崩してしまいました。

仕事が出来る状態ではなくなりました。

そして29歳の時に退職する事になったのです。

ちなみに、この時のラインの友達人数は5人でした。

私は孤独だったのです。

その数日後に30歳の誕生日を迎えました。

無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中三十路が爆誕。

死にたくなるレベルでした。

一人暮らしの男性が寂しいと思ってしまう原因

このように、一人暮らしの男性が寂しいと感じてしまっただけで、人は死んでもおかしくありません。

ですが、私は20歳から30歳までの10年間、寂しく一人暮らしをしていました。

なぜ私は、貴重な20代をこんなつまらない人生にしてしまったのか、それを考えて行きたいと思います。

孤独を目指してしまった

一人暮らしで寂しい男性の中でもプライドが高い人にありがちです。

プライドが高いと、一人暮らしで寂しいと思っている事すら認めようとしません。

心の奥底では孤独で寂しいのですが、無理して「一人でいるのがいい」と言ってしまうんです。

「一人でいるのがいい」の正しい使い方は、普段から他人との交流が多い人が、たまには一人になりたいから使う言葉です。

一人暮らしで寂しいと思っている男性は、望んで孤独になったのでは無いのです。

それなのに「一人がいい」と言ってしまうのは、気付いたら孤独になっていたから、自分から望んで一人になっているという事にしているんです。

孤独を正当化すれば、もう人と会わずに、人間関係で失敗する事もなく、ラクが出来るのですから・・・

ですが、人は本当の意味で一人で生きて行く事は出来ません。

孤独は避ける事をオススメします。

「女はクソ」って思うようにしてしまった

私は、一人暮らしで寂しいと思いながらも「女はクソ」って発言をした事が過去にあります。

本当に口に出して言った事があります。

ですが、まず最初に言います。

女はクソって思ってしまう男はクソです。

女はクソっていう男は、「理論的な男が勝ち!女は馬鹿!」とか思っている、本当の馬鹿です。

男性の脳にも優れたところもあり、女性の脳にも優れたところはあります。

一人暮らしで寂しい男性なのに「女はクソ」なんて言ってしまう真の理由は、「自分がモテないという現実からプライドの高さを維持するために、自分の人格以外の原因が必要になるので、自分の顔が、女性そのものを否定しなければならない」からです。

女性との付き合いを諦めた場合、女性の否定か、自分のルックスを否定する2つの選択肢しか残っていません。

この考えから抜け出すのには、本当に大変ですよ・・・

ですが、女はクソって思っている限り、一人暮らしで寂しい男性から抜け出す事は不可能です。

一人暮らしで寂しいのであれば、自分の心に正直になる事をオススメします。

一人暮らしで寂しい男性の最大の原因は彼女がいない事である

一人暮らしで寂しい男性にとって、友達がいない事も苦しい事だと思います。

私は、30歳を過ぎたあと、自らのコミュニケーション能力の低さを反省し、学び、新たに友達を作りました。

ですが、一人暮らしで寂しい私にとっては、やはり彼女がいないことが一番の寂しい原因だと感じたのです。

一人暮らしで寂しい私は彼女を作るべく、女性と出会う事にしました。

正直に言って、30過ぎて素人童貞だというのも嫌でしたから、もうめちゃくちゃ調べ、めちゃくちゃ出会いました。

その方法を全て記載していこうと思います。

男性の一人暮らしの寂しさを解消する9つの出会いの方法

基本的に女性と出会う方法はネット系とリアル系に分かれます。

一人暮らしで寂しい男性はネット系がオススメかというと、そういうわけでもありません。

これから、それぞれの特徴やメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

ネット系出会い

メッセージなどのやりとりによって、お互いがある程度気になっている事が前提で出会う事になります。

なので、最初からお互いがある程度意識した状態で会う事になる可能性が高いです。

使えるツールは日々変化しますので注意が必要になります。

婚活サイトや出会い系

寂しい一人暮らしをしていた私は、まずこれに着手してみました。

ちなみに、従来型の出会い系では、場所によっては「体目的なら、お金ください」といった場所もあったりします。

そういうのよりは、よくネットで広告されているようなところの方が安心です。

なぜなら、よくネットで広告されているという事は、広告が打てるほどの実績とお金と信頼があるからです。

有名どころだと、Pairs(ペアーズ)というサイトは登録人数が非常に多いです。

フェイスブックをやっている人であれば見たことがある人の方が多いんじゃないでしょうか。

ただ、寂しい一人暮らしをしていた私にとって、今考えると難易度が高かったかもしれません。

なぜなら、ネット系は、写真とプロフィールなどの改善が必須となるからです。

プロフ写真は、ファッションの改善や、自然な笑顔や楽しい雰囲気が必要だったりします。よって、確実に表情が硬くなる自撮りはNG。

寂しい一人暮らしをしていた私は自撮り写真しか用意出来ませんでしたので、かなり苦戦を強いられました。

ここで苦戦する可能性がありますが、上手く出来れば最も気軽な出会いかもしれません。

SNS

寂しい一人暮らしをしていてもSNSで繋がっている人は多いのでは無いでしょうか。

mixiは現在では下火となっていますが、出会う事は可能なようです。

フェイスブックでは、過去の知り合いと繋がり、そういった安心の再会を作る事も可能です。

ツイッターでは同性と知り合うのは結構簡単だったりします。

使い方によっては可能性はいくらでも生まれるでしょう。

周りに迷惑をかけない事が最低限のマナーです。

オフ会

一人暮らしで寂しい男性でも、オフ会に参加した事があるという人は少なくないかもしれません。

ジャンルによっては女性も来ます。

ここで問題なのが、ポッと出の男性が思いっきり女性に近づこうとすると、嫌悪される可能性がある事です。

多くの場合、最初は男性達と仲良くなる事が必要になると思われます。

複数のメンバーがいる場では、人間関係に配慮や注意が必要です。

一人暮らしで寂しい男性の中には、もしかしたらすでにネットで繋がりを持ったコミュニティがあったりするんじゃないでしょうか。

それであれば勇気を持ってオフ会を募ってみるのも一つの手かもしれません。

ネット系出会いのメリット

基本的にはコストが低い事が挙げられます。

サイトによっては月々3000程度だったりと、一回飲みに行くのと同じぐらいのコストです。

SNSやオフ会なら、出会う事自体には金はかかりません。

寂しい一人暮らしをしていても、ネットの繋がりから人と会う事が出来る可能性があったりします。

ネット系は誰にもバレずに一人で活動出来ます。

ですが、悩み相談なども含めて、一人で活動するのはあまりオススメしません。

ネット系出会いのデメリット

ネットで見た写真と違う人と出会う可能性が出てきますので、女性と会ってガッカリする可能性があります。

そして、男性も見た目を気にしていないと、会う事さえできないのがネット系です。

一番の問題は、使えるツールが時代と共に様変わりしていく事です。

去年は使えたのに今年は使えないなんて事はザラにあると考えておくべきでしょう。

あと、全く知らない人と会う事になる可能性が高いので、変な勧誘を受ける事もあるので注意が必要になります。

リアル系出会い

リアル系は、時代と共に変化する物もありますが、基本的にはいつでも使えます。

男友達から話が来る可能性があるので、強い友人と繋がる事は大切な部分があったりします。

知人の紹介や合コン

まさに友人との人間関係や信頼によって発生する出会いです。

寂しい一人暮らしをしていると難しいです。

なので男性との人間関係も重要になります。

ここで問題なのは、善意で誘ったのに、相手の見た目や性格などに文句ばかり言ってしまう男性が存在する事です。

自分が盛り上げられないから相手に理由を付ける気持ちは分かるんですよ。

ですが、そういう人って美人と遭遇しても盛り上げる事が出来なかったりします。

誘ってくれた男性から嫌われないような発言をする事をオススメします。

メリットは、人間関係次第では簡単な事、飲みでなければコストも安く済む事です。

デメリットは、場合によっては人間関係が崩れる可能性がある事です。

相席系の出会い

相席屋を筆頭に、相席バー、相席カフェ、現在では色々存在します。

割と最近出来たシステムです。

基本的には女性はタダだったり、男性が支払うというシステムで、主に飲み屋で出会う事になります。

メリットは、最大のメリットは、基本的にいつでも出会える事です。

デメリットは、単純に食事しに来ただけの人もいる事、運が悪いと待ち時間がある事、一人では入れない事、コストが安く無い事です。

特別高いわけでも無いですが、1時間以内に収めるのが無難ですので次にどこか行くなり番号を交換するなりしましょう。

デメリットを書いたら多くなってしまいましたが、ここを主戦場にしている人も多くいます。

私は現在、新潟県に住んでいますが、店の数的に田舎だと難しいかもしれません。

街コン

形態が様々あり、一概に説明出来ませんが、そのままを簡単に説明すると、街ぐるみの合コンです。

一度に沢山の合コンがある状態となります。

街コンに来る女性は婚活パーティに出てくる人より、若かったり本気度が低い可能性が高いです。

メリットは、気楽に参加が出来る事、参加条件がゆるい事、人数が多い事、同性とも知り合える事です。

デメリットは、連絡先を聞けずに解散になるとあまり意味が無い事です。

婚活やお見合いパーティ

基本的に結婚に前向きな男女が集まるパーティです。

食事したりお酒を飲みながら交流したり、回転寿司のようにぐるぐる回って数分間トークしたりする物が多いです。

その多くがマッチング形式だと思われます。

参加すれば分かりますが、思ったより敷居が低く、気軽に参加して良いと思います。

なにげに大切なのは、男性とも仲良くする事です。

そっちの方が女性から見る目も良くなりますし、何より敵を作るような行為はオススメしません。

メリットは、オクテな人にとって最も練習に向いている事、無難なコストが多い事、同性とも知り合える事、マッチング形式の場合は話が早い事です。

デメリットは、相手の本気度がやや高い事、マッチングしないと負けた気分になる事です。

少し考えればなんとなくお分かりになると思いますが、男性女性共に、本気度が高ければ高いほど平均年齢が上がったり、見た目か性格に難がある可能性が増加します。

本気度が低いとその逆です。

ただ、人数が多いので、可愛い人もちゃんといます。

倍率が高くなるので、狙う際には頑張りましょう。

ナンパ

これが出来れば出会いで悩む事は無いでしょう。

一人暮らしで寂しいから、クラブに行ってナンパ・・・敷居が高すぎるのでやらなくても良いと思います。

メリットは、見た目は完全に自分の好みで選べる事、コストが皆無だという事などが挙げられます。

デメリットは、完全にシカトされると凹む事、TPOを考えないと迷惑になったり、嫌がられているのにしつこくしたら場合によっては犯罪につながる可能性もある事です。

ですが、私はストリートナンパも全然ありだと思います。

日本ではナンパをする人が嫌われやすい風潮がありますが、男性がナンパをする男性を嫌う理由は「なんとなく気に食わない」からです。

私自信、以前はナンパをしている人に対して嫌悪感を持っていましたが、今考えると嫉妬心に近いものでした。

ですが、人間に生殖本能がある限り、はるか昔から遠い未来までナンパは存在する事になるでしょう。

仕事や習い事やサークルなど

最後は最もポピュラーな、一般的な生活の中の出会いという物です。

出会いの為に習い事している人も存在します。

一人暮らしで寂しいのであれば、純粋に習い事をしてみてはどうでしょうか。

最大のメリットは、相手が出会いの場に出ていない事です。

美人はほっといても男性が寄ってくるので、わざわざ出会いの場に出る必要があまり無いのです。

ようするに、美人と出会えるチャンスが高い、という事になります。

ただし、デメリットとして運の要素が非常に強い事が挙げられます。

最初にオススメの出会い

正直なところ、出会いは多い事に越した事は無いのでどれを選んでも良いと思います。

ですが、一人暮らしで寂しいと思っている男性向きな出会いは、最も練習に向いている婚活パーティをオススメします。

一人暮らしで寂しいと思っていた私は、最初は一人で活動したいと思ったのでネット系出会いから入りましたが、見た目と喋りで嫌悪されて一瞬で拒否された事が何回もありました。

ですが、婚活パーティではそうなる可能性は低くなります。

女性の人数も多くいます。

スタッフのサポートの中で簡単にトークする事が出来ます

ちなみに、私は初めてマッチングするまで6回かかりました。

一人暮らしで寂しい男性が女性と出会うにはこれらを使う必要がある

一人暮らしで寂しいのであれば出会いを増やさないと、彼女いない歴を増やすだけなので、一人暮らしで寂しい男性は出会いを作ってみる事をオススメします。

ポリシーやプライドやこだわりがあると、こういった活動を嫌う人もいると思います。

ですが、一人暮らしで寂しいと思っている男性は、恋愛がしたいのであれば、これらを利用する必要があるのです。

一人暮らしで寂しいと思っていた20代の私は、恋愛している人が羨ましいと思ったり、出会う人を妬ましく思ったりして歳を重ねるだけでした。

そういった嫉妬心を持つぐらいなら、実際に活動するべきだと私自身が思います。

何の勝算も無く心だけボロボロになってしまうのも嫌なので、最低限の会話をする方法を知る必要があるかもしれません。

そういった会話を学ぶときにオススメのメルマガが存在します。

私は下で紹介する無料メルマガに登録し、モテる会話の基本、ファッションの改善方法(←一番重要でした)、アプローチする方法などを教えてもらい、その結果、以前に比べると女性からの態度が物凄く良くなって行きました。

もう本当に苦労しましたし失敗もたくさんしました。

私は自分の顔が悪いから彼女が出来ないと思っていました。

ですが、諦めずに活動した結果、私は30歳で、生まれて初めて彼女が出来たのです。

彼女が出来る事で付く自信というものは、人生を変えるほどのものでした。

私の人生が楽しくなった無料メルマガ

無料なので、騙されたと思って、登録して読んでみてください。

▼▼▼▼▼

—オススメの無料メルマガ—

無料メルマガ