元無職ニート鬱三十路が教えるつまらない人生を変える方法のイメージ画像

人生をつまらないと思った事、あるんじゃないでしょうか。

ちなみに、私は人生つまらない.comというブログのタイトルにするぐらい、人生がつまらないと思っていました。

高校卒業をしてからはパチンコ屋に入り浸る日々。

就職もせずに適当に生きた結果、友達も減って行き、孤独感を味わう事に。

ですが、適当に生きていると生活が出来ないので、仕方ないという気持ちで26歳で初就職しました。

仕事内容は適当。

仕事を続けていると後輩が入ってきますが、頭が悪いので後輩の方が出来るとよく比べられました。

そんな仕事をイヤイヤした結果、私は精神的に崩れて体調を崩し、29歳で仕事を辞める事になりました。

その数日後、無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱酒浸りの30才が爆誕。

死にたくなるレベルでした。

ですが、私はこの時期から、つまらない人生を変えたいと思ったのです。

私の人生がつまらなかった理由

つまらない人生を送っていた私ですが、今では人生が楽しいと思えるようになりました。

ですが、つまらない人生を送ってしまう人は簡単に抜け出す事が出来ないのも分かっているつもりです。

自分的にも世間的にもダメ人間だった私は、単純にネガティブでした

ネガティブだった私は、人間の価値のピラミッドのような物を脳内で作り、ピラミッドの一番下の底辺に自らを置いた人生を送っていました。

とっくの昔に、自分が底辺である事を自分から納得してしまっていたのです。

なので、自動的にピラミッドの底辺に向かってしまいます。

ですが、世間のエリート(笑)はそういうダメ人間に対して「なんで就職しないの?」とか言って来ます。

いやいやいやいや、就職出来るものならとっととしてるんですよ。

ですが、世間のエリート(笑)と違って、私は高卒で何もしてこなかった人間なんです。

中学の成績は5段階で1と2しかないぐらい頭が悪い人間です。

そんな人間に入れるような残った企業なんて、ブラックしか無いと思い込んだり、そもそもハロワにはブラック企業しかないと思い込んだりするんですよ。

そんなところに行きたくありませんから結果的に就職出来ないんです。

私は毎日のようにパチンコ屋に行ってた事があります。

そういうところには、無職の人も大勢います。

そんな私たちの共通点は、「別に好きで無職をやっているわけじゃない」という事です。

仕方なく無職をやってるのにエリート(笑)の人は「就職しろ」とか言ってくるんですよ。

「今すぐ行動しろ!」とか普通に言ってきます。

そして行動しないと「お前面倒くさい!じゃあ死ね!」ぐらいの勢いですよ。

まー今となっては、そっち側の気持ちも結構分かるんですけど、人生つまらない人にそんな正論を言っても無駄なんですよ。

何かの間違いで、今この記事をエリート側の人が見ていたとしたら伝えたいですが、人生つまらない人相手にそういう事を言えば言うほど、追いつめているだけになるので、注意した方が良いですよ。

ですが、私はつまらない人生を変えて、現在の楽しい人生があります。

そんな私の経験から、元無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中三十路が、つまらない人生を変える方法をお教えします。

つまらない人生を変える方法

  1. 本音を自覚する
  2. 自分は幸せになれると信じる
  3. ネガティブな事を口にしない
  4. 小さな事から始めてみる

以上が元無職ニート鬱三十路が教えるつまらない人生を変える方法になります。

つまらない人生を変える方法を、当時意識してやったわけじゃないです。

ですが、心理学や脳科学を勉強している今から当時を振り返ると「あー、結構科学的根拠のある行動をやってたんだなー」って感じですね。

これからつまらない人生を変える方法を一つ一つ解説していきます。

本音を自覚する

元無職ニート鬱三十路が教えるつまらない人生を変える方法のイメージ画像2

つまらない人生を変える方法の1つ目は、本音を自覚する事です。

人生をつまらないと思っている人は、諦めグセがついているので、本音を言いません。

ワイワイ集まって楽しそうな事をやってる人を見た時、本心では羨ましいと思っているのに、「あー、こいつら頭悪い奴らなんだ」と決めつけたり。

彼女が欲しいと思っても「女はクソ、金の無駄」とか言ったり。

つまらない人生から抜け出したいのに「俺は今のままでいい(だが不幸だ)」と思ったり。

これらの言葉を使えば行動しない理由が一発で完成します。

ですが、実際のところは、この程度の望みって、結構何とかなります。

成功率が世間で5%を切るような才能が必要な物は別ですが、友達を作る、彼女を作る、就職する、趣味を見つけるとか、成功率50%を超えている物は、頑張ればほぼ確実に達成出来ます。

ですが、人生をつまらないと思いながらも本音を自覚しないままだと、本当になんともならないままになります。

ちなみに、30歳になった時に私が自覚した本音は

  • 次の仕事は楽しみたい
  • 体調を良くしたい
  • ネガティブをどうにかしたい
  • 素人童貞を卒業したい
  • 友達が欲しい
  • 人生を楽しくしたい

このような物がありました。

「俺なんかに無理」って思う気持ちがあるかもしれませんが、こうやって書き出してみると、気付きがあるかもしれません。

その本音を、目標にしてしまえば良いんです。

目標のある人生は、目標の無い人生に比べ、はるかに楽しくなります。

是非、本音と向き合ってみてください。

自分は幸せになれると信じる

元無職ニート鬱三十路が教えるつまらない人生を変える方法のイメージ画像3

つまらない人生を変える方法の2つ目は、自分は幸せになれると信じる事です。

人生がつまらないと思っている人は、幸せになる気持ちが薄い、または無いです。

ですが、私は幸せになる事は誰にでも可能だと思っています。

上記で書いたような本音のような不満があり、現状を変えたいと思う気持ちがある人は、本当に変える事が出来ます。

ですが、人生がつまらないと思っている人は、自分が底辺である事を自分から納得して、勝手に底辺に進んでしまうんです。

そもそも、誰も望んで不幸になりたくありません。

なら幸せになる事を望んでもいいじゃないですか。

あなたも私も、自分にとって最高の人生を送る資格のある人間です。

つまらない人生を変えるためには、心から信じてみてください。

ネガティブな事を口にしない

元無職ニート鬱三十路が教えるつまらない人生を変える方法のイメージ画像4

つまらない人生を変える方法の3つ目は、ネガティブな事を口にしない事です。

これがトップクラスに大事です。

もし私のブログを結構読んでる方がいたとしたら「しつこい」ぐらいに思っているかもしれません。

が、それだけ大事になります。

まず、悪口。

悪口ばかり言っている人の人生は、全然うまくいっていません。

なぜなら、悪口ばかり言う人は、あら探しのプロなので、自分の人生に不満だらけなんです。

そして、否定的な言動。

真に相手を思いやる否定的な言動は、止めろとは言いません。

が、私が行っていた否定的な言動は「自分に自信が無い私が相手より優位に立ちたいからしていた否定」だったのです。

これを自覚出来ただけで、私は人生が物凄く生きやすくなりました。

否定的な発言に、良い事は一切無かったんです。

否定的な発言をする事で発生するデメリットは本当に沢山あります。割愛しますが、本当に沢山あるんです。

口から出る言葉を、脳は本当によく聞いており、ポジティブな言葉を出すとポジティブホルモンが分泌し、本当に幸せになります。

ネガティブを口にするとネガティブホルモンが分泌し、本当に不幸になります。

言葉を変えるだけでつまらない人生は変わると言っても過言ではないでしょう。

小さな事から始めてみる

元無職ニート鬱三十路が教えるつまらない人生を変える方法のイメージ画像5

自分の本音を知って、自分が幸せになる事を信じて、ネガティブな事を口にしないでポジティブを口すると、数週間から数か月後に、不思議な現象が起きます。

なんと、大嫌いだった自分の事が、結構好きになってるんですよね。

そうすると、つまらない人生を変える方法の4つ目に取り掛かれる可能性があります。

つまらない人生を変える方法の4つ目は、小さな事から始めてみる事です。

例えば、私は30歳の時、ダイエットを頑張ってました。

今は結構リバウンドしてしまいましたが、当時はジョギングをよくしていました。

ですが、ジョギングを開始するまでに、ハードルがめちゃくちゃ高いのは言うまでも無いでしょう。

ジョギングに限った事では無いですが、例えば、「今日は5km走ろう」としていた場合、「あ、やっぱめんどくさいな・・・」って思ってしまうものです。

そういう時、ちゃんと逃避方法を作っておくんです。

「1分走ればいいや」と。

1分が難しければ1秒でいいと思います。

ほんの少しだけでも、毎日継続する方を最優先にするんです。

これだけで三日坊主を防ぐ確率が、もうめちゃくちゃ高まるんです。

たった1分だけとか、アホくさいですか?

ですがこれ、今考えるとめちゃくちゃ理にかなっている方法です。

最初のハードルは超低くて良い

人生つまらない人の多くが、行動のハードル高すぎなんですよ。

完璧を求める必要なんて、本当にありません。

もし毎日スクワットをすると決めたら、なんとなく面倒くさい日はスクワットを1回だけすればいいんです。

アホくさいと思う気持ちは分かりますが、継続する方が本当に大切です。

最初のハードルは、ガンガン下げてしまいましょう。

ハードルが高いと失敗する

ところで、最近どっかの記事で「東大を卒業したからには最低でも年収〇百万欲しい」みたいな意見を見た記憶があります。

私はこの時「あ、この人、高いハードルを持ってる人だ。失敗したら一気にニートになるかもしれないから危ない考えだなー」と思いました。

こんな高いハードル設定する必要ありません。

なぜなら、高いハードルを設定するほど行動出来ないうえに、たとえ行動したとしても達成出来ない時の反動が苦しいからです。

つまらない人生を変えたい人が、今日何も行動出来なかったとしたら、それはほぼ間違いなく、あなたの高すぎるハードルが原因です。

ちなみに、つまらない人生を変える方法として最初に私が行った事は、お笑い番組を見る事と、当時まっすぐ歩けなかったので、まっすぐ歩くために散歩をする練習から始めました。

人によっては家から出る事が目標にしてもいいでしょうし、家から出れない人はトイレに多く行く事を目標にすればいいんじゃないかと思います。

とにかく、本当に小さなところで良いので、つまらない人生を変えるために、小さな事から始めてみましょう。

つまらない人生を変えて幸せになる事は誰にでも出来る

元無職ニート鬱三十路が教えるつまらない人生を変える方法のイメージ画像6

今回は、元無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中三十路が、つまらない人生を変える方法を書かせていただきました。

  1. 本音を自覚する
  2. 自分は幸せになれると信じる
  3. ネガティブな事を口にしない
  4. 小さな事から始めてみる

あとは、1から4の繰り返しです。

これらを繰り返し、自覚した本音を目標にする事で、つまらないと思っていた人生を変える事が出来ると思います。

私は人生がつまらないと思っていた時から幸福感を覚えるまで3か月ほどかかりました。

行動や結果には恐らく個人差はあると思いますが、つまらない人生を変えたいと思っているのであれば、諦めなければ必ず良い人生になります。

是非つまらない人生を変える方法を試してみてください。