自分を変えたい人が最初にやるべき二つの事のイメージ画像
人生がつまらないと思っている人の中には「自分を変えたい」と思っている人がいるかもしれません。

私もそんな一人でした。

私は高校卒業後、ニートやフリーターをしながら日々を適当に暮らしていました。

毎日のようにパチンコ屋に行き、当然のように人生はつまらないものだと思っていましたが、それでも「働いているやつに比べれば、俺の人生って楽しい人生だよなー」と、本当に思っていました。

ですが、適当に暮らしていると生活ができないので、仕方ないという気持ちで26歳で生まれて初めて就職しました。

初就職する時は、「適当に過ごせるぐらいに働ければいいや。」と考えており、「仕事終えて早くパチンコ屋に行きたい」などという動機で仕事をしていました。

当然ながら、仕事は楽しくない、嫌だ、つまらない、辞めたい、と思いながら、生活のために仕方なく出勤する日々が続きました。

やる気も全くなしで、やらされる仕事をやるだけの毎日。

仕事で手を抜いている事がバレないように、人間関係で波風立てないように、ひっそりと目立たずに仕事をしました。

私は、そんな自分に自信を無くし、自分の事をどんどん嫌いになっていったのです。

私は当時パチスロにハマっていましたが、この頃からパチスロが楽しいと思えなくなり、引退。

私は長年続けていた、唯一のストレス解消法を失いました。

この頃、仕事ではクレーマー体質と言われるような方がやってきました。

ストレス解消を失った私のストレスは一変。

結果的に、私はこの頃から体調を崩し始めていったのです。

記憶能力を失い、仕事がまともに出来る状態ではなくなり、でも不真面目なくせに職場に迷惑をかけたくないという謎のプライドから頑張って出勤し、それによってさらに体調を崩し、私は、29歳で退職することになったのです。

その数日後、誕生日を迎える事になりました。

無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中三十路が誕生。

死にたくなるレベルでした。

人生がつまらないのであれば自分を変える必要がある

私は人生に絶望した結果、自分を変えたい思いました。

自分を変えたいと思っていた当時の私がやった事は人生を楽しくする方法を調べたぐらいの事です。

そういう事を調べていると「今すぐ行動しろ!」とか「自分を信じて突き進め!」とか書いてあるものです。

正直なところ「自分を変えたい」という考えに至ったばかりのつまらない人生を歩んできた私には、最初から即行動なんて難しい話です。

ですが、その時に人生を楽しくする方法を色々と調べていた結果、自分を変えたいのなら考え方や振る舞いを変える必要がある事は、なんとなく分かっていました。

つまらない自分を変えたい時に最初にやるべき二つの事とは

自分を変えたいと思った時に「即行動」したりするのは難しいですが、言動を少しずつ変える事なら誰でも無理なく行えます。

出来る事から始めればいいのです。

そんな自分を変えたい人が最初にやるべき二つの事が存在します。

ネガティブな態度を止めること

一つ目はネガティブな態度を止める事です。

人生がつまらないと思っていた私はネガティブな態度を全面に出した生活を続けていました。

自分の問題をいつも自分以外のせいにして過ごしていたり、沈んだ雰囲気で他人と接していたり、愚痴や批判や悪口を言ってしまう。

疲れた感じを全面に出して下を向いて歩き、そんなネガティブな態度を全面に出して生活していました。

落ち込む時は誰にでもある

人生が楽しい現在の私でも落ち込む事は当然あります。

ですが、人生つまらない当時の私は常に落ち込んでいるような態度でした。

そんなネガティブな態度を取り続けると本当に人生を狂わせ、恐ろしい結果を待ち受けているのです。

ネガティブな態度では何も変える事が出来ない

ネガティブな態度を続けていると頭の中は「どうでもいい」「どうせ出来ない」「そんなの無駄だ」といった思考になって行きます。

「今すぐ行動しろ!」と言われても、人生つまらないと思っていた私にとっては「いや、俺には出来ないから。俺には関係無いから」となってしまうのです。

自分以外のものに責任を求めてしまう

「どうでもいい」「どうせ出来ない」「そんなの無駄だ」と思っていた当時の私やネガティブな態度を取ってしまう人には大きな共通点があります。

それが、責任転嫁する習慣になります。

責任転嫁する習慣とは「俺の人生がつまらないのは世の中が悪い」と言った考えの事です。

こういった責任転嫁をネットの掲示板に何度書きなぐったか分かりません。

その結果、私は底辺に落ち続けて行ったのです。

ですが、本当は責任転嫁を続けていた私の考え方が悪かったのです。

自分の責任は自分で持つ事

自分の人生を決めているのは世の中でも無ければ親でも無ければ学校でも会社でもありません。

私の人生は私が、あなたの人生はあなたが決めているのです。

この現実にすら目を背けた場合、さらに堕落してしまいます。

なので、自分の責任は自分で持つ事が必要になります。

ネガティブから前向きに

ネガティブな態度を続けると、このループから抜け出せなくなってしまいます。

他人から距離を置かれ、行動も出来なくなります。

なので、頭の中で「前向きになってみようかな」「俺でも前向きになれるかも」と、最初は嘘でも良いので、少しでもそうやって思ってみる事が、最初のやるべき事の一つ目になります。

幸せそうに振舞うこと

自分を変えたいと思った時にやるべき事の二つ目は、幸せそうに振舞うことです。

医学データで健康と結びついているので、これらはオカルトでもスピリチュアルとかじゃないですよ。

中には「振舞うだけで幸せになれるわけないだろ」と思う人もいるかもしれません。

ですが、不思議な事に、最初は嘘のように幸せそうに振舞っていても、最終的には本当に幸せになってしまうのです。

幸せそうに振舞うと本当に幸せになる

いつも幸せそうに振舞うと、それだけで本当に幸せになってしまいます。

幸せそうに振舞うだけで幸福度が増すだけではなく、ストレス解消などの健康面の効果も強く現れるのです。

幸せそうに振舞うと幸せそうな人が集まる

自分に自信がある幸せな人は、人に優しく出来ます。

逆に、人に優しく出来ず馬鹿にしてしまうような人は、自分に自信が無いネガティブな人が多いです。

ポジティブな人は、そういったネガティブな事を言う人を遠ざけようとする傾向があります。

逆に、幸せそうな振る舞いをしていると幸せそうな人が集まりやすくなります。

そして、良い話や楽しい誘いは幸せそうな人からやってくるのです。

そうした誘いを受け、感謝をすると、それを返したくなるものです。

そうして何らかの形で恩返しをする、こうなると幸福のループが待ち受けている場合もあったりするのです。

笑顔を意識する

幸せそうな振る舞いの基本には笑顔が存在します。

客商売で例えると、常に仏頂面な店員と笑顔な店員、どちらが良いかなんて言うまでもないでしょう。

笑顔は人を受け入れますが、仏頂面はそれだけで人を拒みます。

自分を変えたいと思うのであれば、笑顔はそれだけで人間関係を良い方に変化させてくれるものです。

感謝の気持ちを大切に

幸せそうな人と接していると驚く程分かります。彼らは感謝の言葉を欠かしません。

「ありがとう」とか普通に言えます。

逆に、世の中を斜め上から眺めている人は「感謝の言葉とか極力言いたくない」とか思っています。

引っ込み思案な人は、「ありがとう」というべき場面で「ごめん」とか「すいません」が出てきます。

そんな私が感謝の言葉を使わない理由は「恥ずかしいから」でした。

自分を変えたいのであれば、最も簡単な方法が感謝の気持ちを口に出してみる事です。

普段言わなかったシーンで感謝の言葉を口に出せた時点で、もう自分は変わっていると言えるのかもしれません。

類は友を呼ぶ

このように、自分の振る舞いや相手にかける言葉がネガティブだと、ネガティブな人や不幸な現象を引き起こします。

逆に、幸せそうに振舞っていると幸せな現象を引き起こします。

結局のところ、現在の自分が行う振る舞いに近い現象が発生します。

なので、幸せそうに振舞う事で本当に幸せになるのです。

新たに人と出会う事を心がける事で、この現象は更に大きくなったりもします。

自分を変えたいならこの二つを最初に行うと人生が変わる

今回伝えたい事は、ネガティブな態度を止め、幸せそうに振る舞う事。その突破口として感謝の言葉を口にする事です。

自分を変えたいと思うのであれば、行動力が無くても考え方次第で可能な自分の振る舞いを是非変えてみてください。
こんな小さな事から始めるだけで人生に大きな変化をもたらす可能性がありますから。