自分が嫌いな人の特徴と、絶対にしてはいけない発言のイメージ画像

人生がつまらないと思っている人は、もしかしたら自分の事が嫌いだと思っている人がいるかもしれません。

ですが、自分が嫌いな人は、つまらない人生から抜け出す事は非常に難しい事になります。

なぜなら、自分を許せていない人は他人を許すことが下手だからです。

自分が嫌いになってしまう人の特徴

自分が嫌いな人は、他人にうまく優しくする事が出来ず、孤立し、そうして更に自分が嫌いになる可能性が高くなります。

「んな馬鹿な」「自分の事は嫌いだが、他人の事ぐらいちゃんと考えてるから俺は関係無いな」と思われる方がいるかもしれませんが、これはかなり事実になります。

自分に優しくする事が出来ない人が他人に優しくなんて出来ません。

自分を許せる人は他人を許す事が出来る

自分が嫌いでは無い人は、他人に優しくする事が出来ます。

それはなぜか。

自分の許し方を知っているので、他人の許し方や、他人が喜び望むコミュニケーションが分かるからです。

そして、自分が嫌いだと自分の許し方が分からないので、他人の許し方も分からないのです。

自分が嫌いな人の言動

自分が嫌いな人は、自分が嫌いな人に受けのよいコミュニケーションを取ってしまいがちです。

それが、「愚痴」や「他人の悪口」や「評論、批判」になってしまうのです。

これは仕方の無い事です。
人は無意識に自尊心を守る言動を起こします。

なので、誰だって愚痴を言ったり他人の悪口を言う事はあります。

自分が嫌いな人は愚痴や悪口を多く言ってしまう

自分が嫌いで普段から自分の事を痛めつけている人は、頻繁にこれらが聞かれます。

普段から自分を痛めつけているので、他人を痛めつける事が異常な行為だと気付かないのです。

愚痴や悪口が多いと人としての信頼を失う

愚痴や悪口が多い人は「どうせ裏で俺の悪口も言ってるんだろうな」と、他人からの信頼を失ってしまいます。当たり前です。

高頻度の愚痴や悪口や評論批判は確実に人としての信頼を失います。

ですが、自分が嫌いだと、こんな当たり前の事になかなか気付くことが出来ません。

愚痴や悪口が良くない事だと自覚していない

私は生まれて30年間気付く事が出来ませんでした。そして、相手の立場になって考えるという事も全くしていませんでした。

逆に、自分が好き過ぎたり、横柄な人も悪口や評論批判が大好きです。

ですが、この場合、自分の敵と味方を戦略的に作ったり、人の心を動かしてファンを作ろうとしている場合もあるので、一概に問題だとは言えません。

ただ、謙虚さを失うほど横柄になると、他人の言う事を信じる事ができなくなってしまうので注意も必要です。

自分が嫌いな人は、悪口を言ってはいけない

悪口ばかり言ってしまう人は、他人の悪いところを探す習慣を持っています。

はっきり言ってしまえば、あら探しが本当に得意なんです。

ですが、そんな人は自分の悪いところも非常によく分かっています。

他人の悪いところを探すプロは、自分の悪いところを探すプロでもあります。

だからこそ、自分が嫌いになってしまうんです。

自分が嫌いにならないために大切な事は、悪口を言わなくする事です。

悪口を言う自分より、悪口を言わない自分を好きになってみましょう。

毎日のようにインターネットで批判や評論や悪口を書いていた私は、悪口なんてみんな裏でやっている事だと思っていました。

他人を信じていないんです。

ですが、自分の事が好きな人は、他人の悪口を全然言っていない事に気付いたんです。

私は、毎日のようにしていた低レベルな批判や悪口を言う事を止めました。

そうしたら、少しずつ自分の事を信じれるようになり、自分が好きになって行ったんです。

他人を信じられない人は、まず自分を信じる事が大切になります。

そして、悪口ばかり言っている人の人生は、全然うまくいっていません。

なぜなら、悪口ばかり言う人は、あら探しのプロなので、自分の人生に不満だらけなんです。

たとえ、他人から見て「羨ましい」と思えるような人生だとしても、悪いところにばかり目が行く人の不満が満たされる事は無いでしょう。

悪口ばかり言ってた人が意識的に悪口を止めるだけで、人生は良い方に変わります。

過度に自分の事を好きになる必要は無い

自分の事は出来るだけ好きになった方がいいとは思いますが、「横柄になれ」「自己中心になれ」「ナルシストになるべき」、というわけではありません。

自分が嫌いな人は、心の中で自分を痛めつけるような考え方すら持っている可能性があります。

何か失敗したら「自分はなんて駄目な人間なんだ」と思ってしまっている可能性もあります。

まずは、そんな自分を許してあげてみてください。

失敗した時こそ自分を許し自分に優しく

あなたが今までどういった人生を過ごしてきたのかは知りません。知りませんし、自分を許すのは簡単ではないかもしれません。

ですが、そんな事はもう忘れて、自分を許してみてください。

そして、愚痴や悪口を言う人を見つけても、「悪口はダメ」と言わず、適度に受け止めてあげてください。そうする事で信頼が生まれる事もあります。

自分に優しくする事で同じ失敗を避ける事が出来る

ただ、一緒に叩く場合は他人の信頼を失うリスクがあるので注意してください。

標的がどんな人であれ、周りのリアクションがどうであれ、他人を馬鹿にする行為は、一瞬で人からの信用を失う可能性がある事を覚えておいてください。

他人に優しく出来ない人は、ほぼ間違いなく人生を楽しいと思っていません。

ですが、他人に優しく出来ると、人生は素晴らしいものになります。

人に優しく出来るかどうかで、人生の多くの事が決まります。

ですが、その前に、まずは自分を大切にしてみてください。

今回伝えたかったのは、自分を許し、悪口を言う回数を減らす事です。

これを「無理」と思われる人もいるかもしれませんが、この事を頭の隅に置いておくだけで、他人への態度、そして他人から受ける態度までがガラリと変わるかもしれません。

これは嘘だと思って実践して欲しいのですが、頭の隅に置いたり、思ってみるだけで、それが事実になったりするものですよ。

つまらない人生の原因を解消する12step

その6、自分に優しく出来ると他人に優しく出来る。そして、他人に優しく出来るほど良い人生になる事を知る。