仕事がつまらないから辞めたい時に決めるべき2つの選択のイメージ画像

私は今までアルバイトや仕事を楽しいと思った事はありません。嫌だつまらない辞めたいと思いながら毎日出勤していました。

やる気も全く無し。

必要な仕事を最低限の言われた事をやらされる毎日。

生活の為に仕方なく辞めたい仕事を続けていた

仕事がつまらないから辞めたいと思いながら、面倒事が増えるのが嫌だから率先して仕事をする事も無く、変化を嫌い、同じ事を繰り返す日々を自ら目指していました。

アルバイトや仕事を続けていると後輩が入って来ます。

やる気のある後輩が入って来たら、仕事がつまらないから辞めたいと思っている私なんか一瞬で抜かされます。

仕事の正しいやり方が分からない

よく比べられました。「新人の彼は出来るのに、何で君は出来ないんだろう」と。

これ相当ヘコみます。

なので、たまに頑張ってみようとしますが、普段から仕事がつまらないから辞めたいと思っているので、正しい仕事のやり方がわからずに空回りするだけで終了。

適当な仕事を継続する日々

そうして、仕事がつまらないから辞めたいと思っている私は至りました。「俺は努力しない人間だから、努力する人が仕事頑張ればいいんじゃない?俺の仕事が楽になるから勝手に頑張れ」という結論に。

そして私のプライドは守られました。一時的に。

ですが、仕事は不真面目、コミュニケーションは取らない、周りを馬鹿にし、仕事がつまらないから辞めたいと思っており、自ら孤独を目指す、この果てに何が待っているのでしょうか。

仕事がつまらないから辞めたいと思いながら適当に続けた結果

仕事がつまらないから辞めたいと思いながら適当に仕事をしてきた私を待ち受けていたのは「つまらない人生」と「自己否定」でした。

今まで「まー俺ってクズだよなー」とやや達観していたのが、とうとう本気で駄目人間だと認め始めてしまったのです。

自己否定は危険信号

話は変わりますが、重要なので言います。

自己否定は危険です。

もう一度言います。

自己否定は本当に危険です。

自己否定すると正常な思考を保てなくなる

自己否定は、その気持ちが強くなればなるほど人間自体を狂わせます。

ごくごく普通だった人間性すら捻じ曲げる可能性を持っています。

自己否定は、正常では無い行為、すなわち異常な行為をしてしまう可能性を持っています。

自殺大国日本、その行為に至った大半の人は、自己否定をしたか、他人や世の中を否定した事でしょう。

世の中の犯罪者達は加害者と言われる人もいるかもしれませんが、自己否定の被害者でもある人もいる事でしょう。

自己否定すると自分の人生なんてどうだってよくなる

もしあなたが自己否定しているのならお願いがあります。

自己否定を止めろとは言いません。

なぜなら止めろと言われて簡単に止められるものではないからです。

私は読書をオススメしますが、自己否定する人は読書なんてしません。どうでもいいと思っているのでする必要が無いのです。

自己否定の解決方法を探す事が自己否定の解決になる可能性がある

ですが、自己否定でググったり、その対策をほんの少しでいいので行うという事だけは、本当に今すぐやってみてください。

私の人生が30歳を過ぎてからようやく始まったように、そんな小さなググる事から始まる人生もあるかもしれません。

心からお願いします。

辞めたい仕事を適当に続けると人生がつまらない

話を戻しますが、特に理由も無く仕事を適当に行い、「俺頭悪いから」などと仕事が出来ない理由を付け、仕事がつまらないから辞めたいと思っており、なんとなく家と職場の往復をするだけの毎日を送った結果、待っていたのはつまらない人生でした。

そして体調を崩して退職する事になりました。

当時は絶望しましたが、つまらない人生に疲れたから1回休み、この選択は大正解だったと思っています。

人生について本気で考えた私は「次の仕事は楽しもう。そして絶対に適当にやらないようにしよう」と、強く心に誓いました。

私の人生を変えた本の一つは仕事の本

大嫌いだった読書を、すればするほど良い人生になりつつあった私は、今度は仕事に関する本を読みました。

仕事が出来ない人はどうすればいいのか、それが本の中に書いてありました。

そして実践しました。というより、現在実践中です。

仕事を適当にやっていても良い事は無かった

はっきり言って、私は頭が良い方では無いので、仕事は全く早くありません。

低学歴の適当人間だったので、現在それなりの苦戦を強いられています。

ですが、会社で過去の私のような人を見た時に思いました。

仕事をする上でズルい考え方を持つ人は、本当にすぐにバレます。

表面上どう取り繕っていたとしてもです。

仕事を適当にやろうとする考えは周りに伝わってしまう

なので、まず最初にズルい考えを持たないように仕事をする事をこころがけました。

そうしたら、コミュニケーション能力は以前より多少成長しており、相手が何を考えて行動しているかが以前より分かるようになっており、適当な仕事をしないように心がけ始めた私は、自分なりに納得の行く仕事が出来るようになりました。

自分から楽しもうとしないと仕事は楽しむことは出来ない

そうして、生まれて初めて仕事が楽しく感じられたのです。

仕事がつまらないから辞めたいと思いながらやらされている作業は本当に楽しくありません。

ですが、自分からやりに行く方法を覚えると、仕事が楽しく思えるかもしれませんよ。

ただ、100%の力を使うと人は疲れてしまいます。

なので、私はこれからも80%の全力を出して仕事に励もうと思います。

そして、いずれは勝手に昇進するか、より良い仕事をする事になるでしょう。

仕事がつまらないから辞めたい時に決めるべき2つの選択

仕事がつまらないから辞めたいのであれば、仕事を続けるか、辞めるか、この2つの選択をする事になります。

この選択、人によっては究極の選択とも言えるかもしれません。

仕事がつまらないから辞めたい時の選択の基準としては、今やっている仕事以上にやりたい事があれば転職をすれば良いと思います。

正直に言って、やりたくないことより、やりたいことをやった方がいいに決まっていると思います。

ですが、やりたいことが無いのであれば続けていいんじゃないでしょうか。

やりがい探しの転職は本当にオススメしません。

なぜなら、やりがいは自分で見つけるものだからです。

今の仕事でやりがいを見いだせないのであれば、次の仕事でも見つけられないと思います。

あと、毎日のように苦痛を感じているのであれば、転職した方がいいと思います。

体の方が大切です。

人がいないから辞めない人もいるかもしれませんが、辞めないから補充していないだけです。

辞めない理由に「迷惑をかけたくない」事を選択しないでください。

私は体調を崩してから退職をして、その結果借金をして、再就職しました。

体調を崩してからでは色々大変な事になるかもしれませんので、そうなる前に決める事をオススメします。




今回伝えたいのは、仕事は人生と深く関わっている事と、適当に仕事をしてきた結果、何も良いことが無かった事です。

つまらないと思って行う仕事は、人生すらつまらなくさせます。
私は環境を大きく変えると言う手段が使えましたが、心機一転してみるのも一つの方法かもしれません。

つまらない人生の原因を解消する12step

その11、やらされている作業ほど苦痛なものは無いので自分から仕事を楽しむ努力をする。