あなたは、初対面の女性に「表情で拒否られた」経験、ありますか?

私はあります。

表情で拒否られた理由は今考えると、私が「見た目と雰囲気が一発アウト」だったからです。

当時はその女性のことを恨んだものですが、今思うとその女性は悪くなかった。

当たり前の理由だったと思います。

その時の私は、30歳で素人童貞。

服もダサくて、髪は坊主。

その女性も、私と一緒にいる理由も無くつまらなかったでしょうし、その時にした私の話もくだらなかったと思います。

そんな私ですが、その翌年には1年で5人の女性と関係を持つことが出来るまでになりました。

ここまで来るには、大変な思いもしましたが、努力をした結果、たどり着くことができました。

昔は人生つまらないと思い、楽しく生きるなんて考えもしませんでしたが、女性に困らなくなってからは、楽しく生きることが出来るようになりました。

毎日がつまらない理由と、楽しい毎日になるまで

ここでは、生きる理由が分からず、何をやっても人生がつまらないと感じていた私が、楽しい人生を生きることが出来るようになった理由や、その大きなきっかけの一つについて書いていきます。

まだ救いがあった小学校時代

学生時代のピークは、小学生でした。

ピークだという理由は、人間としてまだ普通だったからです。

とはいえ学校では、とにかく落ち着きが無いと言われ続けました。

それを理由にイジメにあったりもしましたが、この頃はまだ他人と比較しても割と普通の少年でした。

クズだった中学時代

まず、勉強についていけなくなりました。

割と真面目に勉強しても、20〜30点。英語は特にダメで、10点を切ることもありました。

その理由は、やる気がなかったのもありますが、ちょうどそのころ、我が家にネット環境が整ってしまい、ネットにドハマりした事だと思います。

ネガティブな情報を進んで見に行きました。

そんな事をした理由は、自分より下の人間を見るのが楽しかったからです。

そうしていると、性格が徐々に根暗になり、クズな思考回路になっていきました。

努力を完全に放棄して、他人を見下すタイプのネットのクズに。

その結果、中学3年生の通知表は、5段階でほぼ全部1か2とかいう状況に。

たまに勉強しようとしても一切わからないので、成績が悪い理由を教師の教え方のせいにしていました。

最終的に、「そんな成績では行ける高校は1つしかない」と教師にゴミを見るような目で告げられました。

その高校は、地元で有名な荒れてる高校。

正直、行きたくありませんでしたが、選択肢は無く、そのまま指定された高校に行く事に。

やっぱりクズだった高校時代

それなりに荒れてる高校で、喧嘩も普通にありました。

私は、「俺はあいつらとは違う」と、周りの生徒を完全に見下していました。

今思うと笑ってしまいますが、この頃から、特に理由も無く見下すクセがついてしまいました。

成績が悪い人が集まるような高校に行った人なら分かると思いますが、授業の内容や勉強の難易度が、中学より低くなりました。

その理由は単純に、成績が悪い人が集まっているからです。

苦手だった英語の授業のテストで、1週間の曜日を英語で書けるレベルで、合格点をもらえる感じでした。

なので、努力をしなくても出席していれば卒業できました。

ですが、この頃から人生がつまらないと思い始めました。

その理由は、将来に希望も持てず、同じ日々の繰り返しだったからです。

家に帰ってネットやゲームをするのがメインの日々。

好きなゲームジャンルがRPGでハマリにハマるタイプだったので、高校生の時点で孤独なインドア派に成長。

FF、ドラクエ、特にロマサガに命をかける。

たまに人と会ってる時も「帰りたい」と思ってしまう。

その理由が「ゲームしたい」から。

完全にクズでした。

全開でクズだったニート時代

高校時代、パチスロを始めました。

始めた理由は、周りで打っている人が多く、その影響です。

ゲームからパチスロに完全移行しました。

たまに人と会っている時も、帰りたいと思ってしまう。

帰りたい理由は当然パチンコ屋に行きたいから。

人生をつまらないと思いながら家とパチンコ屋の往復をする日々が始まり、それが何年も続きました。

相変わらずインターネットでネガティブな情報を見続けていて、炎上に便乗したり、誹謗中傷や攻撃を繰り返したり、何かしらのアンチスレに滞在したりしていました。

もちろん、すべて匿名。

そんな事をしてしまう理由は、下を見ることや、悪い事をした人間を叩くのが楽しくて仕方がなかったからです。

そして、そんな事をしている自分の事が、どんどん嫌になっていきました。

ですが、それを間違えていない事だと言い聞かせるために、同じような行動をする人と傷の舐め合いをする人間関係だけが残っていく。

人は、陰でコソコソと他人を馬鹿にすれば馬鹿にするほど自分の事が嫌いになり、自分に自信を失い、人生そのものがどんどん悪くなる事を、この頃は全く知りませんでした。

そんなつまらない人生を突っ走ってしまう事に。

就職しても、やっぱりクズ

卒業してからニートしたりフリーターしたりしていました。

その理由は、パチスロを打っていたいから。

26歳で仕方ないという思いで初就職。

就職した理由は、生活が出来ないからです。

介護の仕事をする事になりました。

志望理由は「入りやすそう」だったからです。

そんなこんなで、私の就職生活がスタートしました。

就職しても思考回路はドクズ、仕事は不真面目、努力した事は、どうすれば仕事中バレずに携帯をいじれるか。

会話や説明が下手で、自分でも何を言ってるか分からない事が多々ある状態。

その理由は、自分がコミュ障だからだと思っていました。

仕事中はミスを多発し、改善出来ず。

その理由は、自分の頭が悪いからだと思っていました。

仕事を頑張ろうともしない結果、仕事で努力することを放棄しました。

毎日無駄に時間を潰すだけ、家と職場とパチンコ屋に行くだけのつまらない日々。

特に理由も無く周りを見下す性格のせいで人間関係も上手く行かず、職場で孤立する存在になりました。

ですが、なんとかクビにはなりませんでした。

その理由は、上司にだけは頭を下げてへこへこしていたからだと思います。

パチスロだけが癒し

つまらない人生の中で、パチスロだけが癒し。パチスロに人生を捧げていました。

その結果、パチスロしない人との人間関係が完全に無くなりました。

人間関係を無くした理由は、今の自分を知られたくなかったからです。

リール制御、リーチ目、最短ボーナス察知、リール配列を見ながらどの手順で打てば最も熱く楽しく打てるか、そんな事を考えられる楽しい台に魅了され、家に実機を購入してまで遊ぶ始末。

つまらない人生を、パチスロへ。

人生=パチスロでした。

しかし、人生を捧げたパチスロが時代とともに劣化していき、つまらなくなりました。

人生=パチスロだと思っていた中で、唯一の癒しのパチスロがつまらなくなっていく、耐えがたい絶望感でした。

人生つまらないと思いながらも10年以上続けていたパチスロが本当につまらなくなってしまい、嫌になりました。

それでも、パチンコ屋に行きました。

その理由は、長年の習慣は変える事が出来ないから。

わざわざ嫌いになったパチスロを自らストレスを溜めに打つ日々。

唯一のストレス解消法が、まさかのストレスの原因に。

突然、父が倒れた・・・

そんな中、突然、父が倒れました。

倒れた理由は、脳梗塞。

当時、あまり父は好きでは無かったのですが、もう一生喋る事も立つ事が出来ないだろう事を察し、なんとも言えない感情になりました。

ストレスが溜まりはじめていたパチスロが、一気に罪悪感に変わりました。

ちょうどその頃、仕事の環境も急速に悪化。強烈な苦痛を感じ始めます。

その理由は、強烈なクレーマーが現れたからです。

それから仕事の現場はいつも大荒れ。

イヤイヤ続ける仕事、しかしストレス解消法が無い。

私は精神的な理由から体調を崩しました。

典型的なうつ状態に陥り、記憶力を失い、通院したり、休みがちになり仕事が出来る状態ではなくなりました。

そして結局、30歳直前で退職する事になり、クズに過ごしていて、つまらないと思っていた日常すらも失いました。

女からも全力拒否され、ギリギリ残っていた自信も消え失せた。

父が倒れてから、退職する少し前、孫を見せてあげたいと思うようになり、彼女を作ろうと頑張ろうとも思いました。

しかし、話になりませんでした。

今まで「女はクソ」「金の無駄」と言い訳し続けて恋愛から逃げて来ていて、恋愛経験まったくなし。

そもそも出会いに至る事が難しすぎる。

それでもネットの情報を検索しまくり、やっとの事でネットで知り合った女性と直接出会う事になったのですが・・・

その女性と待ち合わせて、直接会って喋った時の相手の表情は、明らかに「拒絶」だったのです。

まったくイケメンではないうえに、ファッションセンスも無く、ボソボソと喋った瞬間、即「恋愛対象外」の烙印を押されたのが分かってしまいました。

話題も無い、相手が会話をする気もない、そんな苦痛な時間を過ごし、早々に解散し、凹む。

そして、無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱酒浸りの30才が爆誕!

貯金を使い切ってから、死のうと思った。

このとき、私は自殺を考えました。

かなり真剣に。

でも、50万だけ貯金が残っていました。

その貯金で、好きなことをしてから、死のうかとも考えました。

とりあえず、自分がやりたい新しい事をやりました。

人生について考え、休み、悩み、検索し、とりあえず今やりたい事をやってみました。

そして、つまらないと思っていた人生は、少しずつ変化していきました。

遊び、旅行をし、ラーメンを食べ歩き、海釣りに行き、富士山に登ったりしました。

友人からの助言

そしてなんと、この私が読書をするようになりました。

その理由は、当時数少ない私の知人の中で、私と同い年なのに中間管理職をしている人から

「他人の意見を取り入れるなら、毎日グチグチ言ってる奴の意見より、成功してる人の意見にしとけ」

と、読書を勧められた事から始まりました。

買った本は、コミュニケーションについて書かれている本です。

その理由は、色々調べた結果、人生うまくいっている人はコミュニケーションを大切にしている事が分かったからです。

私は、相手の立場になって話す事を全く考えなかった今までのコミュニケーションを反省し、交友関係を増やす努力をし、友人を作る事が可能になっていきました。

プライドを捨てる事が出来るようになってからは、自分から進んでバカをやれたり、他人のオモチャになって楽しんだり楽しませる事が出来るようになったのです。

退職して無職だったので、仕事をする為に就活をし、職業訓練校を経て、無事に再就職をすることができました。

人生つまらない理由を取り除く、あるメルマガとの出会い

職業訓練校に通っていた頃、あるメルマガと出会いました。

元々、プライドが高かったため人間関係が上手く行かず、よく否定から入る批判をし、相手より優位に立とうとする目線の会話をしてしまう、典型的なコミュニケーション能力不足だった私。

簡単に言えば、ネトウヨだった私。

しかし、やはり男として、彼女が欲しかったのです。

彼女がいない、つまらない人生を変えたい

父にも子供を見せたい気持ちも強かったので、彼女を作る方法をネットで検索しまくってました。

彼女を作ることができないと、子供も作ることができないし、結婚もすることができません。

そして、私の人生を変えたメルマガと出会いました。

そして、冗談抜きで、このメルマガがきっかけで、私の人生は変わりました。

メルマガに登録し、モテる会話の基本、ファッションの改善方法(←一番重要でした)、アプローチする方法などを教えてもらい、その結果、以前に比べると女性からの態度が物凄く良くなって行きました。

30歳の素人童貞が、1年で5人の女性と関係を持てるようになったことの他にも・・・

  • コミュニケーション力がつきました。
  • 良い友達が増えました。
  • 彼女ができました。
  • 自信がつきました。
  • 人を信じられるようになりました。
  • 相手が何を考えているか、分かるようになりました。

そして、何よりも・・・

人生が楽しくなりました。

私が証人です。

無料なので、騙されたと思って、今すぐ登録して読んでください!!!

▼▼▼▼▼
—オススメの無料メルマガ—

無料メルマガ