人生の選択に後悔しないための、たった一つの決断方法のイメージ画像
人生の選択に後悔した事はありますか?

私はあります。

私は中学の時点で勉強なんて一切せずゲームに没頭。

成績は下の下になりました。

そして、こんな成績で行ける高校は一つだけと教師に伝えられました。

選ぶ権利もないまま高校に行くことになったのです。

この時点で大きく後悔しました。

荒れた学校、授業にならない授業、馬鹿ばかりな学校。

私は周りの人間を完全に見下しました。

正直なところ、一番馬鹿なのはそんな私だったのかもしれません。

高校は卒業する事が出来ましたが、私はパチスロにドはまり。

20代のすべてをパチスロにつぎ込んだと言っても過言ではありません。

ですが、無職だと生活が出来ないので26歳で初就職。

イヤイヤ適当に仕事をしました。

人間関係は適当。

そんな中でパチスロを打ちに行くことだけがストレス解消でした。

ですが、途中からパチスロがつまらないと感じてに行ったのです。

私はストレス解消法を失いました。

そんな中、仕事でクレーマーのような客が現れ、私の精神状態はどんどん落ちていきました。

その結果、体調を崩して退職して再度無職になり、無趣味素人童貞無職引きこもりニート鬱アル中のまま30歳の誕生日を迎え、人生に絶望。

自分の人生の選択に、後悔しかなかった

後悔ばかりの選択をした結果、人生のどん底に陥り、生まれて初めて自分の人生と向き合った私は、人生を楽しくする方法を探しました。

そして、どうすれば人生が楽しくなるか方法を探し、人生について考え、休み、悩み、検索し、読書をし、学び、その結果、とりあえず今やりたい事をやろうと思いました。

この時は「なんとなく、少ない貯金を使い果たしてみよう」程度の、適当な気持ちでした。

ですが、無職の私には、時間だけは沢山あったのです。

私は、もう後悔する選択をしたくありませんでした。

人生の選択に後悔しないための、たった一つの決断方法

とりあえず、自分が後悔しない選択をして、やりたい事をやってみる。

それの選択をこころがけた結果、つまらないと思っていた人生は、少しずつ変化していきました。

たったこれだけです。

休みの日に誰でも出来るような簡単な選択を、家に引きこもらずに思い切って行動しただけで、人生に持つ考えが変化して行きました。

遊び、旅行をし、ラーメンを食べ歩き、海釣りに行き、コミュ力を鍛え、人と出会い、人生を楽しくする為に様々な体験をしました。

人生の選択に後悔していたのがアホらしくなりました。

後悔するぐらいなら、今やればよかったんです。

そんな変化を受け入れ始めたとある日、私は大の苦手だった読書をしながら考えました。

「俺が読書してるなんて以前では有り得ない光景だなー。っていうか結構人生楽しくなって来たかも」と。

その後、とある考えが頭を過ぎりました。

「あれ?こんな俺なんかが読書なんかして、その内容を実行したらそこそこ結果を出せている。ありえねー。いやいや、ちょっと待てよ?」




「もしかして、人生って、出来るか、出来ないか、じゃなくて、やるか、やらないか、それだけだったんじゃないか?」と。




私はこの回答を頭の中で手繰り寄せました。

人生はやるかやらないかで考えることが出来る

そして「人生で、やりたいと思った事、必要だと思った事は正しく学んでやるだけだ。人生ただそれだけだった」という結論に至った瞬間、強烈なゾクゾクするような謎の感覚に襲われました。

私は人生の回答のひとつを得たのです。

この2015/8/25の17時に起きたこの出来事を、今でも忘れません。

変わろうと思っていない人は変える事が出来ない

私は、当時の私にとって絶対的に正しいと思ってしまった人生を後悔しないための選択を、他人に伝えたいと思い、ツイッターで連発しました。

今まで「ラーメン食った。パチスロ打って負けた勝った。」とか言ってた現在無職の人間が突然、人生を後悔しないための選択について語りだしたのです。

この行為、やらない方が良かったと思ってます。

少なからず頭のおかしい人間に思った人もいた事でしょう。

まずは自分が変わる事が重要

考え方や主義、理想、思想、このあたりの話題は危険を抱えている話題です。

政治、宗教、野球の話題と同じく、考え方の押し付けはしない方が良いでしょう。

「自分を変えたい」「助かりたい」という思いに辿りついた人が、あとは勝手に変わり、助かって行くものです。

変わろうとしている人は変える事が出来ますが、変わろうとしない人は変える事が出来ません。

そして、後者の方が多数です。

なので、幸福感を得たとしても、もし人生を後悔しないための選択を他人に押し付けたら、それは迷惑でしかありません。

高額な壺を知らない人から押し付けられても、買いたくないのと一緒です

なので、求めていない人にもし人生を後悔しないための選択を押し付けるのはあまりオススメ出来ません。

そして、人生のどん底に落ちてから復帰した方は、そうでない人に比べて人間的魅力が増すと言われています。

今考えると、体調を崩した事を良かったと思っています。

謙虚さを忘れると人から学べなくなる

人生を後悔しないための選択に「やるか、やらないか、人生に必要だと思ったのならばやればいい」という、この考えを得た事によって発生した弊害もあります。

私は、上を目指そうと思い、他人を下に見る事にしてみました。

ですが、これもよくありません。

横柄な俺様が上になったら、下々の人間から学ぶ物なんて、何もないのです。

そうなったら、成長の終わりです。

ですが、私は割と横柄な態度を取ってしまいました。

その結果、私を嫌った人もいる事でしょう。

なので、私は今後も謙虚さを忘れずに、学びながら生きて行きたいと思っています。

正直今でも失敗ばかりなので、横柄にならないように気をつけていきたいと思います。

人生の選択の多くは、やるかやらないかで決める事が出来る

今の私は、人生を後悔しないための選択をすることで8割ぐらいの事は、やるか、やらないかで出来ていると考えています。

大体の事は今からでも取り組めば達成出来ると思っていますが、私がこれからプロスポーツ選手になるようなブッ飛んだレベルの目標は、潜在意識レベルで難しいと思ってしまうからです。

なので8割と表現しています。

ですが、ほとんどの事は私だけではなく、誰でも可能なのです。

あとは、自分に残っている限られた時間の中で、人生を後悔しないための選択の中から何が自分に必要かを選択し、どう時間を使うかや、どう行動するかが大切だと思っています。

やるかやらないかで考えられれば人生は楽しくなる

人生を楽しめないのは次の7種類の不幸のいずれかが原因です。

  • 労働の不幸 残業、ストレス、無職など。
  • 健康での不幸 病気、鬱、障害など。
  • 金銭の不幸 貧乏、薄給、借金など。
  • 考え方の不幸 自分が嫌い、ネガティブなど。
  • 恋愛の不幸 恋人がいない、欲しいなど。
  • 人間関係の不幸 いじめ、孤独、喧嘩など。
  • 家庭の不幸 暴力、離婚など。

以上の7つになります。




これを幸福に置き換えてみます。

人生を楽しむ為の7つの幸福

  • 労働の幸福 天職。
  • 健康での幸福 無病長寿。
  • 金銭の幸福 裕福。
  • 考え方の幸福 ポジティブ。
  • 恋愛の幸福 理想の相手。
  • 人間関係の幸福 良き仲間。
  • 家庭の幸福 理想の家庭。

あなたはどれが大切ですか?

今の私は、これらの中で得ていない幸福がまだまだあります。

これからの残された時間を人生を、後悔しない選択をして、その他の幸福も手に入れたいと考えています。

最初に手に入れるべきは考え方の幸福

私は疲れて休んだ時の無職期間があったりギャンブルで狂った金銭感覚のせいで、現在は借金の返済に追われています。

ですが、金があってつまらなかった30歳までの人生より、考え方の幸福を手に入れた結果、借金があって楽しい今の人生の方が圧倒的に幸福です。

行動は早い方が良い

30歳そこそこ程度の私がいうのもなんですが、人生を後悔しないための選択に年齢は関係ありません。

自分でした選択は、選択した時点で後悔しないと先に決めれば良いですし、選択した後悔以上に行動しないほど大きな後悔も存在しないです。

現に私は、50代の男性と人生を後悔しないための選択を一緒に取り組んだ結果、凄まじい勢いで結果を出していくのを目撃した経験があります。

なので、「もう遅い」はありません。

ただ、出来る事なら早ければ早いほどいいというのも事実でしょう。

私達の人生は一度きり

私たち男の寿命は大体80歳、たった一度の人生ぐらい、どちらかと言えば人生を後悔しないための選択をした方が良いに決まってるので、残りの人生を後悔しないためのに楽しく使ってやろうと思います。

今回伝えたい事は、やろうとおもえばやれる事、変わろうと思い行動すれば人は変われるという事です。

以上が、私がこのブログで最初に伝えたかった事になります。

これからも精進していきますので、人生つまらない.comをよろしくお願い致します。

つまらない人生の原因を解消する12step

その12、人生はやるか、やらないかで決まる。